驚きの事実!市中で教えられているヴァイオリンの音程の取り方は全く間違っている?!

本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)

(iPhoneなどで端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は

  画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます)

 イワモト ヴァイオリン教室のブログへようこそ。

 イワモト ヴァイオリン教室では
 専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも
 「正しい音程」 (正確音程
 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための
 基礎的な演奏技術を大切に指導
 一音いちおん丁寧に
 各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています

 ヴァイオリン本当に上手に弾けるようになりたい方は
 当教室バイオリンレッスンをぜひ受けてみてください。

(この記事および以下の記事は何れも
 ヴァイオリンの音程の取り方を学ぶ重要性について書いたものです)

 『『幸せの青い鳥』
   ヴァイオリンを「正確な音程」の「美しい音」で朗々と奏でる

 『『シンデレラ』に学ぶヴァイオリン
   正しい音程の美しい音でハッピーエンドな演奏をするには?

 『『ブレーメンの音楽隊』
   ヴァイオリンの重音における響きの豊かさ

 『『裸の王様』にならないために
   ヴァイオリンの重音練習で必ず身につけるべき第三の音とは

 『『赤ずきん』に学ぶ
   ヴァイオリンの正しい音程の取り方を習うことの大切さ

 『『みにくいアヒルの子』のようなバイオリン教室でこそ
   正しい音程の美しい演奏ができるようになる理由

 『『三匹の子豚』に学ぶ、
   確実なヴァイオリンの演奏技術を習得できるレッスンとは?

 『『アリがキリギリス』に気づかない?!
   ヴァイオリン学習の盲点 それは音程の取り方

 『『甘い葡萄』ヴァイオリンを正しい音程の美しい音で朗々と奏でる
 『『ハーメルンの笛吹き男』に想う
   ヴァイオリンの正しい指導と学習の大切さ

 『『ヘンゼルとグレーテル』に想う、
   ヴァイオリンにおけるそもそも論

 『ヴァイオリンの魔法のランプ?!
   ヴァイオリンを正しい音程の美しい音で朗々と奏でる

  RECOMMENDED 
 『『長靴をはいた猫』に想う、ヴァイオリン指導における幸せとは?
  RECOMMENDED 
 『『漁師とその妻』に想う、ヴァイオリンにおける真の上達とは?
 『『貧乏人と金持ち』に学ぶ
   ヴァイオリンで三つの願いを叶えて幸せ億万長者になる方法

  HIGHLY RECOMMENDED 
 『『三つの言葉』に想う、ヴァイオリンの演奏技術を磨いて財宝を得るには
  HIGHLY RECOMMENDED 
 『『パンドラの箱』をもう一度開け、本当のヴァイオリンの上達を得る!
 『『アリアドネの糸』に気づくと、ヴァイオリンが本当に確実に上達できる!
 『『アキレスと亀』にみる、ヴァイオリンを豊かな響きで演奏するための極意
  HIGHLY RECOMMENDED 
 『『アルキメデスの原理』のように
   ヴァイオリンの指導と練習が本物かどうかを見極める方法!
   4つのポイント

 『『アンブロシアとネクタル』に想う、ヴァイオリンの習得と上達における
    最重要課題

 『『タンタロス』に想う、ヴァイオリンが上達できる唯一の方法
 『『ピュグマリオーン』に想う、ヴァイオリンの練習で目指すべきこと
 『『不思議の国のアリス』‎に想う、
   ヴァイオリンの本来の奏法を知らず習わずわからない人達

  HIGHLY RECOMMENDED 
 『エピクテトスの教えに従い、
   ヴァイオリンを「正しい音程」の「美しい音」で「朗々と奏でる」

 『『賢者の贈り物』に想う、
   ヴァイオリンの本来の奏法による音程の取り方を知らない虚しさ

  IMPORTANT 
 『『アリババと四十人の盗賊』に想う、
   あなたの受けているヴァイオリンのレッスンの真贋

  KAYSER 36 ETUDES(カイザー ヴァイオリン練習曲)第1番冒頭
 『バッハの無伴奏とパガニーニのカプリースと『6人の盲人と象の物語』に想う
   ヴァイオリン上達の秘訣

  HIGHLY RECOMMENDED 
 『バッハ/無伴奏ヴァイオリン《シャコンヌ》を支える『アトラス』
 『『洞窟の比喩』にみる
  ヴァイオリンを最も美しい音で奏でる方法

  Unbelievable! 
 『『センメルヴェイス』に想う、誰もヴァイオリンの音階練習をしていない?!
  ヴァイオリンの本当の音階練習 音程の取り方

  Stop the presses! 
 『[睡眠]とヴァイオリンの練習に必要なものは[量]より[質]!
  IMPORTANT 
 『決定的な誤解!
  ヴァイオリンの音程は[改善]ではなく[開栓]するもの!

ヴァイオリン 正しい 音程 取り方 バイオリン レッスン 教室

もしも国語の授業で

 文字の書き方も教えずに

 ・単に、文字をよく見ろ!

 ・容詞  敬語  五十音  母音 

 ・黙読しなさい  音読しなさい  テキストの音読を聞け

 ・とにかく線を書いてOCR(光学式文字読取装置)にかける

 ・鉛筆を持つ手の 文字を書く姿勢 文脈を意識 原稿用紙のマスに書く …云々

 などとだけ言われていたら

 文字の書き方をどうして教えてくれないの?ということになりますよね。

ヴァイオリン 正しい 音程 取り方 バイオリン レッスン 教室

というよりもそもそも

 そんな国語の教え方をしている先生に、誰も習う筈がありませんし

 ましてや大学の文学部卒の先生が、そんな教え方をする筈がありません

ヴァイオリン 正しい 音程 取り方 バイオリン レッスン 教室

そしてヴァイオリンレッスンでも同じで

 音程の取り方も教えずに

 ・単に、音をよく聴け!

 ・ピタゴラス音律  純正律  開放弦から興す  主音からの音程

 ・頭の中の音  歌ってみなさい  ピアノを叩いて

 ・とにかく弾いてチューナーで測る

 ・左手  楽器を持つ姿勢  調性を意識  シールを使う …云々

 などとだけ言われていたら

 音程の取り方をどうして教えてくれないの?ということになりますよね。

ヴァイオリン 正しい 音程 取り方 バイオリン レッスン 教室

(こういうレッスンはちょっと怖そうです(笑))

というよりもそもそも

 そんなヴァイオリンの教え方をしている先生に、誰も習う筈がありませんし

 ましてや音楽大学卒の先生が、そんな教え方をする筈がありません

ヴァイオリン 正しい 音程 取り方 バイオリン レッスン 教室
ヴァイオリン 正しい 音程 取り方 バイオリン レッスン 教室

と思いきや

 そんな国語の教え方をしている先生が居たのなら、誰もが当然おかしいと思うのに

 そんなヴァイオリンの教え方をしている先生には、誰もが全くおかしいと思わない!

ヴァイオリン 正しい 音程 取り方 バイオリン レッスン 教室

ですから実は

 文字の書き方も教えずに国語を教えても、専門的なようで国語“ごっこ”なように

 音程の取り方を教えないレッスンも、専門的なようでヴァイオリンごっこ

 でしかないのです

ヴァイオリン 正しい 音程 取り方 バイオリン レッスン 教室
ヴァイオリン 正しい 音程 取り方 バイオリン レッスン 教室

 このブログで既に何回もなんかいも書いているように

 短歌、詩、随筆、小説…などと、何れにしても文学として書くためには

 まず初めに日本語ならではの文字の書き方を習得する必要があるように

 小品、ソナタ、協奏…などと、何れにしても音楽として弾くためには

 まず初めにヴァイオリンならではの音程の取り方習得する必要があります。

ヴァイオリン 正しい 音程 取り方 バイオリン レッスン 教室

にもかかわらず

 文字の書き方を知らず書き続けても、そのうち文字が上手になることもないように

 音程の取り方を知らず弾き続けても、そのうち音程が改善するという期待もできない

 ように思うのですが、世の中の多くの人は、大きく違う音程でなければそれでいいと

 思ってしまうようです。  

ヴァイオリン 正しい 音程 取り方 バイオリン レッスン 教室

そして何より

 筆記用具と紙を使って、取り敢えず何か線を書く行為は誰にでも容易なため

 文字の書き方を教えない国語の指導は絶対に有り得ないと誰もがわかるのに、

 バイオリンと弓を使い、取り敢えず何か音を出す行為は一筋縄では行かないため、

 音程の取り方を教えないバイオリンレッスンは有り得ないとは誰も思わないのです

ヴァイオリン 正しい 音程 取り方 バイオリン レッスン 教室

そうしたことから

 既掲の一覧の右側で示した一見ヴァイオリン音程の取り方のように見えるものは

 いずれもヴァイオリン本来音程の取り方にはなり得ないことは、ヴァイオリン

 本来奏法からも明らかであり、だからこそ私は、ヴァイオリン響くポイントの

 [](つぼ ツボ)を見極めることで、正しい音程美しい音が朗々と響く…と

 いうヴァイオリンの本来の奏法を繰り返し主張し続けているのです

にもかかわらず

 ヴァイオリンの本来の音程の取り方を教えないことは、ヴァイオリンの本来の奏法

 教えていないことになるのに、音楽大学を卒業した先生達でさえそのことに気づかず

 本来奏法ではないヴァイオリンレッスンを真剣に繰り広げてしまっているのです

ヴァイオリン 正しい 音程 取り方 バイオリン レッスン 教室

けれども

 不易流行、すなわち、いつまでも変わらない本質的なものを大事にしつつ、新しい

 変化も取り入れるという四字熟語のように、言葉は時代とともに変わるとしても、

 文字の書き方というのは、日本語の国語においてまず最初に正しく習うように

 音程の取り方というのも、ヴァイオリン本来奏法として、最初に習うべきです

ヴァイオリン 正しい 音程 取り方 バイオリン レッスン 教室

そして

 『ヴァイオリンが正しい音程の美しい音で弾ける

  「奥義秘伝」ならぬ「当然至極」な宝物とは?』で書いたように

 ヴァイオリンは、正しい音程でよく響くポイントの[壺](つぼ ツボ)として

 あらゆる音程において正しい音程を確定できるガイドを内在しているのです。

事実

 『世界的なヴァイオリニストから学んだ、

  ヴァイオリンの練習方法と演奏テクニック』で書いたように、私は

 歴史的名教師の鷲見三郎先生、鷲見四郎先生に師事するとともに

 歴史的名奏者のメニューインシェリングスターン先生の教えを請う機会や

 来日時のツィンマーマンの練習を四郎先生宅で具に聴く機会に恵まれたこともあり

 世界的なヴァイオリニストの練習方法と演奏テクニックを知ることが出来ています。

それは

 既述の世界的名奏者の方々は、一人残らず、

 どのような時も、どのようなにおいても、まずは

 ゆぅ~~~っくりと、一音いちおん弾いて練習

 ユゥ~~~ックリと、一音いちおん確認しながら弾き

 ゆぅ~~~っくりと、一音いちおん「拍節の[]」に向かって音を並べつつ

 ユゥ~~~ックリと、一音いちおん音程の[]」を確認しながら弾くという

 拍節においても音程においても常に](つぼ ツボ)を意識し、目指し確認

 ながら復習っていたのです

そして

 世界的名奏者の方々のみならず、私のような凡庸な者もそのように復習うことで

 『ヴァイオリン学習者が確実かつ急速に上達する指導を巡る3つの思い

 で書いたように

 美しい音が朗々と響くようになるだけでなく

 それによって楽器もどんどん、どんどん、よく鳴るようになるうえに

 それによって演奏もどんどん、どんどん、上手に聴こえるようになり

 その結果、[上達のワープ]ともいえるような急速な上達につながるのです

ヴァイオリン 正しい 音程 取り方 バイオリン レッスン 教室

しかし

 その判断を自ら行えるようになるには訓練が必要なため、

 私の教室には音大生 演奏者 指導者の方へのレッスンというページもあるように

 趣味で習う一般の方だけではなく、音大生(音楽大学生)、演奏者(プロ奏者)

 指導者(ヴァイオリンの先生)までもが習いに来ています。

あなたも

 そうしたヴァイオリン本来音程の取り方こそを学ぶこと

 本物の野菜を切って美味しい料理を作れるようになる…ではなくて(笑)

 本来奏法ヴァイオリン正しい音程美しい音で朗々と奏でられるように

 なりませんか?

ヴァイオリン 正しい 音程 取り方 バイオリン レッスン 教室
(この記事および以下の記事は何れも
 ヴァイオリンの音程の取り方を学ぶ重要性について書いたものです)

 『『幸せの青い鳥』
   ヴァイオリンを「正確な音程」の「美しい音」で朗々と奏でる

 『『シンデレラ』に学ぶヴァイオリン
   正しい音程の美しい音でハッピーエンドな演奏をするには?

 『『ブレーメンの音楽隊』
   ヴァイオリンの重音における響きの豊かさ

 『『裸の王様』にならないために
   ヴァイオリンの重音練習で必ず身につけるべき第三の音とは

 『『赤ずきん』に学ぶ
   ヴァイオリンの正しい音程の取り方を習うことの大切さ

 『『みにくいアヒルの子』のようなバイオリン教室でこそ
   正しい音程の美しい演奏ができるようになる理由

 『『三匹の子豚』に学ぶ、
   確実なヴァイオリンの演奏技術を習得できるレッスンとは?

 『『アリがキリギリス』に気づかない?!
   ヴァイオリン学習の盲点 それは音程の取り方

 『『甘い葡萄』ヴァイオリンを正しい音程の美しい音で朗々と奏でる
 『『ハーメルンの笛吹き男』に想う
   ヴァイオリンの正しい指導と学習の大切さ

 『『ヘンゼルとグレーテル』に想う、
   ヴァイオリンにおけるそもそも論

 『ヴァイオリンの魔法のランプ?!
   ヴァイオリンを正しい音程の美しい音で朗々と奏でる

  RECOMMENDED 
 『『長靴をはいた猫』に想う、ヴァイオリン指導における幸せとは?
  RECOMMENDED 
 『『漁師とその妻』に想う、ヴァイオリンにおける真の上達とは?
 『『貧乏人と金持ち』に学ぶ
   ヴァイオリンで三つの願いを叶えて幸せ億万長者になる方法

  HIGHLY RECOMMENDED 
 『『三つの言葉』に想う、ヴァイオリンの演奏技術を磨いて財宝を得るには
  HIGHLY RECOMMENDED 
 『『パンドラの箱』をもう一度開け、本当のヴァイオリンの上達を得る!
 『『アリアドネの糸』に気づくと、ヴァイオリンが本当に確実に上達できる!
 『『アキレスと亀』にみる、ヴァイオリンを豊かな響きで演奏するための極意
  HIGHLY RECOMMENDED 
 『『アルキメデスの原理』のように
   ヴァイオリンの指導と練習が本物かどうかを見極める方法!
   4つのポイント

 『『アンブロシアとネクタル』に想う、ヴァイオリンの習得と上達における
    最重要課題

 『『タンタロス』に想う、ヴァイオリンが上達できる唯一の方法
 『『ピュグマリオーン』に想う、ヴァイオリンの練習で目指すべきこと
 『『不思議の国のアリス』‎に想う、
   ヴァイオリンの本来の奏法を知らず習わずわからない人達

  HIGHLY RECOMMENDED 
 『エピクテトスの教えに従い、
   ヴァイオリンを「正しい音程」の「美しい音」で「朗々と奏でる」

 『『賢者の贈り物』に想う、
   ヴァイオリンの本来の奏法による音程の取り方を知らない虚しさ

  IMPORTANT 
 『『アリババと四十人の盗賊』に想う、
   あなたの受けているヴァイオリンのレッスンの真贋

  KAYSER 36 ETUDES(カイザー ヴァイオリン練習曲)第1番冒頭
 『バッハの無伴奏とパガニーニのカプリースと『6人の盲人と象の物語』に想う
   ヴァイオリン上達の秘訣

  HIGHLY RECOMMENDED 
 『バッハ/無伴奏ヴァイオリン《シャコンヌ》を支える『アトラス』
 『『洞窟の比喩』にみる
  ヴァイオリンを最も美しい音で奏でる方法

  Unbelievable! 
 『『センメルヴェイス』に想う、誰もヴァイオリンの音階練習をしていない?!
  ヴァイオリンの本当の音階練習 音程の取り方

  Stop the presses! 
 『[睡眠]とヴァイオリンの練習に必要なものは[量]より[質]!
  IMPORTANT 
 『決定的な誤解!
  ヴァイオリンの音程は[改善]ではなく[開栓]するもの!


(下掲のボックスでブログ(サイト)内の検索ができます)

 

 

このブログの文章・画像・その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします

 音程の[壺](つぼ ツボ)