ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感?!

本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)

(iPhoneなどで端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は

  画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます)

 イワモト ヴァイオリン教室のブログへようこそ。

 イワモト ヴァイオリン教室では
 専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも
 「正しい音程」 (正確音程
 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための
 基礎的な演奏技術を大切に指導
 一音いちおん丁寧に
 各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています

 ヴァイオリン本当に上手に弾けるようになりたい方は
 当教室バイオリンレッスンをぜひ受けてみてください。

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

私がヴァイオリンを教えている複数の教室のなかでも

 特に[狛江教室]については

 私のサイトの空き状況のページにも書いたように

 都心や都外からも多くの方にレッスンにお越しいただいています。

そうしたなか

 「狛江って何処?」という方も居るようなので

 既掲の[狛江教室]のページだけではなく

 私のサイトのレッスン形態 教室の場所 空き状況のページにも

 周囲との位置関係がわかる図を掲出しています。

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

ところが

 上掲の地図でもわかるように、狛江市というのは

 東京都では隣接する調布市 隣接する世田谷区 三鷹市 府中市

 杉並区 武蔵野市 中野区 渋谷区 目黒区 

 川崎市では多摩区 稲城市 高津区 宮前区 麻生区 などが近いにもかかわらず

 上掲の地域“外”から通われている生徒さんが大勢いらっしゃり

 [地域]ではなく、例えばヴァイオリン音程の取り方といった[内容]で検索して

 私の教室を見つけて通っている生徒さんが多いことがわかって来ました。

そして

 『ヴァイオリンの上達の要である音程の見える化?!

  ヴァイオリンの音程はパズルのピースをはめ込むように響きで確定できるのです

 のページをはじめとするこのブログの多くの記事で書いているように

 私のレッスンを受ける際に、他の教室から移って来られた方々は皆さん異口同音に

 それ迄ヴァイオリン音程取るのにチューナーを使ってしまっていた…ですとか

 或いはヴァイオリン音程取るのにピアノを叩いて音を取らされていた…ですとか

 左手右手の加減ばかりで音程の取り方それ自体について指導されなかったので

 何時までたっても音程が良くならなかった…などと嘆かれます。

さらに

 『天ぷら と フライ?

  ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い ~その1~』でも書いたように

 多くのヴァイオリン教室を比較した後に、私の教室に来た生徒さん方だけでなく

 世に広く一流と認められる音大を卒業した、プロの演奏者達や先生方までもが

 私の指導を受けると

『日本ではある理由からバイオリンの音程の取り方は音楽学校では教えないうえ

 日本から留学した学生の殆どが正しい音程の取り方を学べない事情もあるため

 プロや音大の先生までもがバイオリン本来音程の取り方については不案内で

 バイオリンの本来の音程の取り方をレッスンする教室はほとんど無く

 重音では差音による音程の聴き方を教える教室は皆無に等しい状況です。』

 http://www1.ttcn.ne.jp/~paga252/violinkyoushitsu.htm

 という私のサイトの記述は本当だったのですね…と、異口同音に驚かれます。

と書くと

 重音では差音による音程の聴き方を教える…と上記にあるとしても

 単音ではどうやってヴァイオリン音程取るの?ということになると思います

そして

 私自身、他の教室では音程の取り方についてどのようなことをサイトに書いている

 のだろうと思うとともに、既述のように[狛江教室]には都心や都外…というより

 遠方から多くの生徒さんに通って来ていただいているので、うした遠方の、ある

 地域のヴァイオリン教室について検索してみました。

すると

 “絶対音感”云々ということを掲げているヴァイオリン教室があったり

 “相対音感”云々ということを書いているヴァイオリン教室があったり

 “ソルフェージュ”を教えると記しているヴァイオリン教室があったりしましたが

 確かに

 “絶対音感”というものがあると、ヴァイオリン音程取るのに便利で

 “相対音感”というものを使うと、ヴァイオリン音程取るのに有益で

 “ソルフェージュ”を学ぶことは、ヴァイオリン音程取るのに有用と思います

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

そして

 譬えるに

 “絶対音感”というのは、いわば[土地勘」のようなもので

 “相対音感”というのは、いわば[地図を読む」ようなもので

 “ソルフェージュ”とは、いわば[地理学]のようなものだと思います

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

けれども

 誰かとどこかで待ち合わせたとして

 その待ち合わせ場所に行くために「土地勘」が役立つこともあるでしょうし

 その待ち合わせ場所を調べる際に[地図を読む]ことも当然あるでしょうし

 そうした地図の見方の一環として[地理学]が役立つこともあるのでしょうが

 「今日は〇〇で待ち合わせ」という時に、例えば有名な渋谷のハチ公前の場合

 都心に住んでいる人は、わざわざ[土地勘]を使って行く必要なく

 都心に住んでいる人が、わざわざ[地図を読む]こともしないでしょうし

 都心に住んでいる人が、わざわざ[地理学]を勉強して行くこともないでしょうし

 都心が初めての人なら、そこでは[土地勘]を使うこと最初から出来ませんし

 都心が初めての人なら、あるいは[地図を読む]としても現地ではハチ公像を探し

 都心が初めての人でも、その際に[地理学]を勉強して行く人は居ない筈です

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

そのように

 渋谷のハチ公前で待ち合わせた場合には

 [土地勘]でもなければ

 [地図を読む]でもなく

 [地理学]を学ぶでもなく

 渋谷のハチ公像こそが、最終的に待ち合わせた人と落ち合う決め手になるように

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

 ヴァイオリンの単音の音程取る際には

 “絶対音感”でもなければ

 “相対音感”でもなければ

 “ソルフェージュ”を学ぶでもなく

 線香花火の音こそが、最終的に取るべき音程確定させる決め手となることから

 この記事のタイトルを

 『ヴァイオリン音程確定させるのは

  絶対音感でもなく

  相対音感でもなく

  線香花火音感?!』と書きました。

と書くと

 「ヴァイオリン音程取るのには絶対音感が必要では?」ですとか

 「ヴァイオリン音程取るのには相対音感を鍛えるのでは?」ということより

 「ヴァイオリンもなにも、そもそも線香花火音感なんて聞いたことがないぞ!」

 という声が聞こえて来そうですが(笑)私自身も全くその通りだと思うことから

 『線香花火音感』とは題さずに

 『線香花火音感?!』としています

そして

 私も既述のように

 “絶対音感”というものがあると、ヴァイオリン音程取るのに便利で

 “相対音感”というものを使うと、ヴァイオリン音程取るのに有益で

 “ソルフェージュ”を学ぶことは、ヴァイオリン音程取るのに有用と思います

 “絶対音感”があれば「ある程度」のヴァイオリン音程取るのに便利で

 “相対音感”の場合も「ある程度」のヴァイオリン音程取るのに有益で

 “ソルフェージュ”も「ある程度」のヴァイオリン音程取るのに有用なだけで

 ヴァイオリン音程を「その一点」として確定させるのが“線香花火音感”です

ということ

 ヴァイオリン音程を「ある程度」の音程として取る=曖昧な音程ではなく

 ヴァイオリン音程を「その一点」として確定させる=正確音程で取りたい

 ということになると

 “絶対音感”は便利でも、それによってヴァイオリン正確音程は取れず

 “相対音感”を鍛えても、それによってヴァイオリン正確音程は取れず

 “線香花火音感”こそが、それによってヴァイオリン正確音程確定できる

 唯一の方法ということになります。

では

 “絶対音感”でもなく

 “相対音感”でもなく

 “ソルフェージュ”でもない

 “線香花火音感”とは何か?となると

 このブログの他の記事をご覧になった方は、もう予想が付くと思います

 このブログのこの記事を初めてご覧になる方のために書くと

 [ピアノ]という楽器の名称が本来は[ピアノフォルテ]であるのと同じように

 https://ja.wikipedia.org/wiki/ピアノ#名称

 “線香花火音感”は正確には“天婦羅・線香花火音感”ということになります。

そして

 それが何かと言えば

 このブログで何度もなんども書いているように

 生徒さん方がヴァイオリン響き音程が取れるようになるのに伴って

 単音は勿論、重音音階練習の際にも私は生徒さんに対して

 「そうそう、天麩羅を揚げているような音が(微かに)聞こえますね」と言ったり

 「そうそう、線香花火の音が(微かに)聞こえますね」と言うようになり

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

 ヴァイオリンでは同じ音符でも重音、旋律、旋律の前後関係で音程が異なりますが

 何れの音程にするのかは線香花火の音がする音程から選べばいいと言うことです

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

そしてこれこそが

 ヴァイオリンは総ての音程において響きを聴いて正しい音程が取れることの一環で

 最もよく響くポイントを探し当てた際に聴かれる響きのことを指しているとともに

 『ヴァイオリンの上達の要である音程の見える化?!

  ヴァイオリンの音程はパズルのピースをはめ込むように響きで確定できるのです

 で書いたように

 それはまさしく音程が「見えるか?」と求めるかの如き取り組みで、それにより

 ヴァイオリン音程の「見える化」が実現できるのです

さらにいえば

 ヴァイオリン響きを聴いて正しい音程が取れる楽器であるということ

 ヴァイオリン音程は豊かな響きよって得られるということにもなり

 豊かな響きよって最もよく響くポイントを探し正しい音程で弾くことこそが

 ヴァイオリンとしての音色を最大限に発揮する奏法ということになるのです

ですから

 ヴァイオリン楽器がどうのこうの…といっても

 ヴァイオリン音色がどうのこうの…といっても

 ヴァイオリン正しい音程弾いてこその楽器であり音色なのであって

 ヴァイオリン正しい音程の取り方も知らずに楽器だの音色だのと論じるのは

 料理を作る際の正しい調理の手順等も知らずに道具だの風味だのと言っている

 のと同じようなものです

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

そして

 料理を作る際の正しい調理の手順等も知らずに道具だの風味だのと興じると楽しく、

 むしろそうした正しい調理の手順等を踏まえず道具だの風味だのと論じるほうが

 ただの鼻元思案を深慮遠謀の如くに見せたり、泰山北斗の如くに装えたりしますが、

 そんなことで作られた料理ではお腹を壊してしまうのと同じで

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

 ヴァイオリン正しい音程の取り方も知らずに楽器だの音色だのと興じると楽しく、

 むしろ演奏時の正しい音程の取り方も踏まえず楽器だの音色だのと論じるほうが

 ただの鼻元思案を深慮遠謀の如くに見せたり、泰山北斗の如くに装えたりしますが、

 そんなことで弾かれた演奏は聴くに堪えないものになってしまいます

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

ところが

 『音程を教えるのは低俗? 音楽を騙るのは高尚?』で書いたように

 ヴァイオリンは響きを聴いて音程を確定できる…という本来の手法が忘れられたため

 ヴァイオリンならではの音程の取り方というものは

 音程左手運指と、響き右手の運弓の指導も伴う点で“技術”に精通し

 同じ音符でも、複数の音程から最適な音程を選択する点で“音楽”に精通した者

 即ち本当に音楽を知る者が教えられるということも忘れられてしまったのです

そして

 ヴァイオリンという自ら音程を作る作音楽器では音程の取り方基礎中の基礎

 その指導には正確な知識と緻密な観察に基づく訓練の反復が必須にもかかわらず

 そうした指導受けられない者や、そうした指導受けことがない者が巷に溢れ

 兎に角ひいて弾いて弾きまくって徐々にそれっぽい音程に近づけているような人が

 アマチュアのみならず音大卒生やプロのなかにも大勢居る事態に陥りました。

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

しかも

 『「音程に気を付けて」という台詞の無意味さ ~その1~』で書いたように

 病気の場合

 個別の症状に具体的な治療を施さなければ、それは偽医者だと思われるのは

 個別の症状に具体的な治療を施せる医師が街中に沢山居るだけでなく

 もしも街中の医師で対応できなければ大学病院で治療を受けられるからですが、

 ヴァイオリン指導では

 個別の音程に具体的な指導を施せなくても、それが偽教師だと思われないのは

 個別の音程に具体的な指導を施せる教師が街中に殆ど居ないだけではなく

 これが街中の教師だけではなく音楽大学でも指導できる先生が皆無という

 更に信じられない状況にあるからなのです

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

そうしたなか

 『文字の書き方も習わずに文章を綴る?

  あなたのヴァイオリンが上達しない決定的な理由』でも書いたように

 音楽大学を出たという人は、それだけで演奏者として活動していたり

 音楽大学を出たという人は、それだけで指導者としてレッスンしていたり

 何かしらのコンクールでの入賞や、プロとしての演奏経験や、指導団体への所属が

 恰も国家試験を受けて合格して、さらに研鑽と経験を積んだことに該当する

 かの如くにプロフィールに綴っている人も居ますが

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

 音楽大学というのは

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、入学試験を受け

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、定期試験を受け

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、卒業演奏をしただけのことです

 コンクールにしても

 要するに、弾いてひいて弾きまくって受けるための準備をし

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、予選を通過し

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、順位が付いただけのことです

 演奏活動にしても

 要するに、弾いてひいて弾きまくって練習をし

 要するに、弾いてひいて弾きまくって演奏をし

 要するに、弾いてひいて弾きまくって演奏活動をしているだけです

 指導団体にしても

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、推薦してもらい

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、加入して

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、偶に井戸端会議をしているだけで

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

 医師や弁護士になるための専門的な勉強のような類のことは一切なく

 只管に弾いてひいて弾きまくることが求められ

 只管に弾いてひいて弾きまくることを経験し

 只管に弾いてひいて弾きまくるだけで専門的な勉強をしたと誤解しているだけで

 只管に弾いてひいて弾きまくって可笑しなことになっているのに気づかないです

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

そして

 私のサイトのヴァイオリンの音程の取り方で掲げたような最低限のルールさえ

 知らずわからず習わないというより、見たことも聞いたこともない人達ばかりで

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン
ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

 例えば

 『お好み焼きソース≠ウスターソース

  ヴァイオリンにおける[ド]と[ド]の音程の違い』で書いた

 ト長調の[ド]とト短調の[ド]の違いなどわからない人だらけなのです。

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

そうしたことから

 既述のようなヴァイオリン本来レッスン受けことがないために

 ヴァイオリン音程響き聴くこと確定させられるという本来の手法を知らずに

 ヴァイオリン音程チューナーで取ったり取らせたりする指導者まで現れましたが

 ヴァイオリンでは同じ音符でも重音、旋律、旋律の前後関係で音程が異なるなか

 求める音程がわからないままチューナーを使っても、音程確認にさえなりませんし

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

 ヴァイオリンでは同じ音符でも異なる音程が求められるのに、同じ音符は同じ音程

 ピアノを使って音程を取らせても、それはヴァイオリン音程にはなりませんし

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

 ヴァイオリン響き聴いて正しい音程の美しい音を奏でられること知らないため

 ヴァイオリン音程は頭の中の音に依る…などと言い出したりするのです

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

さらに

 既述のようにヴァイオリン本来レッスン受けた人達であれば

 ヴァイオリン正しい音程が取れると美しい音が響くことや、そうした音に対して

 「そうそう、天麩羅を揚げているような音が(微かに)聞こえますね」と言ったり

 「そうそう、線香花火の音が(微かに)聞こえますね」と言うことわかる一方で

 ヴァイオリンそうした正しいレッスン受けことのない者のなかには

 正しい音程が取れた際に天麩羅を揚げているような音が微かに聞こえる=潰れた音

 正しい音程を選ぶ際に微かに線香花火のような音が聞こえる中から選ぶ=濁った音

 などと誤想し解する者まで居たりするのです(笑)

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

けれどもそれは

 ヴァイオリンの本来の音程の取り方を知らずわからず習えていないが故のことで

 ヴァイオリンの本来の音程の取り方というのは、既出の私のサイトの

 ヴァイオリンの音程の取り方のページにも書いたように

 重音、旋律、旋律の前後関係において同じ音符でも音程が異なるものの

 何れの場合も最も良く響くポイントとして音程を定めることができるので

 それぞれに相応しい音程を、そうしたポイントから一音いちおん選び取る

 ものであり、その判断基準こそが既述の天婦羅や線香花火の音なのです

そして

 そうしたヴァイオリン本来の音程の取り方を習うことによって

 『何が正しいのかが常にわかるバイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

 のページでも書いたように、ゴールが常に明確にわかるようになることで

 正しい音程のキチンとした演奏を確実に習得できるとともに

 練習すればするほど正しい音程確実演奏できるようになれるのです

あなたも

 目的地に行くのに地図を見ませんか?…ではなく

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

 地理学を学びませんか?…でもなく

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

 直接目的地を目指すように、一発で正しい音程確定できる方法であるところの

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

 線香花火音感を学びませんか?

ヴァイオリンの音程を確定させるのは絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感 バイオリン 教室 レッスン

 それがヴァイオリン本来音程の取り方なのですから。


(下掲のボックスでブログ(サイト)内の検索ができます)

 

 

このブログの文章・画像・その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします

 指導