[ヘリコプター]と[壺]  ヴァイオリンで正しい音程さえ取れれば、あとは自在に音楽を奏でるだけ♪

本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)

(iPhoneなどで端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は

  画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます)

 イワモト ヴァイオリン教室のブログへようこそ。

 イワモト ヴァイオリン教室では
 専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも
 「正しい音程」 (正確音程
 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための
 基礎的な演奏技術を大切に指導
 一音いちおん丁寧に
 各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています

 ヴァイオリン本当に上手に弾けるようになりたい方は
 当教室バイオリンレッスンをぜひ受けてみてください。

ヴァイオリン 正しい音程 音楽 バイオリン レッスン 教室

かつて

 自家用ジェット機の操縦が趣味でいらした(って、凄い趣味ですが(笑))

 カラヤンさんが「ヘリコプターさえ操縦できれば、ジェット機の操縦は簡単」と

 仰っていましたが、残念ながら私はジェット機もヘリコプターも操縦したこと

 ありません。

ヴァイオリン 正しい音程 音楽 バイオリン レッスン 教室

けれども

 ヘリコプターの操縦がなかなか難しそうだ…ということは何となくわかる一方で

 ヘリコプターを見ていると、これはヴァイオリン演奏に似た部分もあると思う

 時があります。

ヴァイオリン 正しい音程 音楽 バイオリン レッスン 教室

といっても

 この曲のこと…ではなくて(笑)

 https://ja.wikipedia.org/wiki/ヘリコプター弦楽四重奏曲

 ヘリコプターはメインローター(上部にある大きな回転翼)によって浮力を得れば

 もうそれで空中に浮かんでしまえるので、あとはこのローターを向かいたい方向に

 少し傾ければ自ずとその方向に進むことができるように

ヴァイオリン 正しい音程 音楽 バイオリン レッスン 教室

 ヴァイオリンにおいても、正しい音程奏でる[壺]を発見してその響きを得れば

 もうそれで美しい音が朗々と鳴り響くので、あとは奏でたい表現等を少し加えれば

 自ずと望む音楽を演奏できてしまえるという点です

ヴァイオリン 正しい音程 音楽 バイオリン レッスン 教室

と書くと

 『微細な違いに気づく? 気づかない?

  ヴァイオリンの音程を響きで確定させることとは』の記事中にも書いたように

 「よく響くポイント」としての[壺]を探し求め続ける…ということは

 短期間で習得できるものでも、簡単に習得できるものでもないにもかかわらず

 「夏休みの間に修得したいです」などと言い出す人や(呆)

 「響くポイントを探せばいいんだ」などと思ってしまう人が出てきそうですが(笑)

 ヘリコプターの操縦が一朝一夕にできないのと同様に

 「よく響くポイント」としての[壺]がわかるようになるのにも訓練必要です

けれども

 もしもこれが空中に浮かぶことできていない状態のヘリコプターで

 どんな風に飛びたい…だの、どちらの方向に向かいたい…などとやっていても

 それは頭の中の想像を膨らませるだけで、実際にはそのような飛行はできないように

ヴァイオリン 正しい音程 音楽 バイオリン レッスン 教室

 もしもこれが正しい音程奏でる[壺]を発見できていない状態のヴァイオリン

 どんな風に奏でたい…だの、どのような音楽を弾きたい…などとやっていても

 それは頭の中の想像を膨らませるだけで、実際にはそのような演奏はできません。

ヴァイオリン 正しい音程 音楽 バイオリン レッスン 教室

ですから

 ヘリコプターの操縦訓練というものがどういうものかは私は知りませんが

 ヴァイオリン指導では兎にも角にもヘリコプターがまずは空中に浮かぶかの如くに

 「よく響くポイント」としての[壺]がわかるようにすることこそが先決なのです

ヴァイオリン 正しい音程 音楽 バイオリン レッスン 教室

そして

 空中に浮かぶことさえできれば、あとは向かいたい方向に行ける…かの如く

 正しい音程奏でることさえできれば、あとは奏でたい表現等を加えるだけ

 ということで

 趣味で習う一般の方だけでなく、専門家を目指す方や

 音大生 演奏者 指導者の方へのレッスンにおいても、私は常に

 「よく響くポイント」としての[壺]を探し求め続けることこそを

 指導の原点としています。

そのうえで

 例えば、この音符の箇所は、このように奏でるですとか

 例えば、この音の箇所は、このように奏でるですとか

 例えば、このフレーズでは、このように奏でるですとか

 例えば、この作品の場合は、このように奏でる…といったことをお伝えする頃には

 もう空中に浮かんでいるヘリコプターが、向かいたい方向に向かえるかの如くに

 もう[壺]を見つけられたヴァイオリンで、奏でたい音楽が奏でられるように

 なっています

ヴァイオリン 正しい音程 音楽 バイオリン レッスン 教室

つまり

 このブログで何度も書いているように

 短歌、詩、随筆、小説…などの何れにおいても文学として書くためには

 日本語ならではの文字の書き方がわからなければ話にならないように

 小品、ソナタ、協奏…などの何れにおいても音楽として弾くためには

 ヴァイオリンならではの音程の取り方がわからなければ話にならない筈です

ヴァイオリン 正しい音程 音楽 バイオリン レッスン 教室

ところが

 『『学問に王道あり』 ヴァイオリンの練習と演奏における「近道」と「正統」

 でも書いたように

 どのような分野でも長年の叡智というものがあるのは当然であるにもかかわらず

 そのような各分野の長年の叡智を学んでいなかったり知らないような人であっても

 自由に簡単に情報発信してしまえるインターネットの時代になり

 長年の叡智に拠らない多数のハウツー本や自己体験をもとにしただけの

 皮相浅薄な「ボクが考えたヴァイオリンの弾き方」のような情報が溢れかえり

 既述のようなヴァイオリン響き音程確定できるという“事実”が

 情報の洪水のなかで見失われてしまっています

ヴァイオリン 正しい音程 音楽 バイオリン レッスン 教室

その結果

 ヴァイオリンにおける既述のような「よく響くポイント」としての[壺]を探す指導

 どころでなく、そもそもがそうした「よく響くポイント」としての[壺]の存在自体

 が忘れ去られてしまったのです

そのせいで

 やれ、チューナーを使って…ですとか

 やれ、ピアノを叩いてみて…ですとか

 やれ、歌ってみる…ですとか

 やれ、頭の中の音…ですとか

 さらには、主音からの音程ですとか

 あるいは、開放弦から興す…ですとか

 はては、純正律がどうこう…ですとか

 さらに、ピタゴラス音律が…などと宣っているだけの者も居たりします

ヴァイオリン 正しい音程 音楽 バイオリン レッスン 教室

けれども

 それらはいずれも、ヴァイオリン音程取る本来のやり方とは無関係であったり

 理屈でさえもが、ヴァイオリン音程を取ったことへの後からの評価であるだけで

 いわんやチューナーを使っていたのでは[壺]が探し出せないために、

 今後もずっと曖昧な音程で弾き続けることになってしまいます。

ヴァイオリン 正しい音程 音楽 バイオリン レッスン 教室

そして

 空中に浮かぶことできていないヘリコプターで向かう方向を想像しながら

 「こんな風に飛べたらいいなぁ」と頭の中で思うだけであるのと同じように

 正しい音程で弾くことできていないヴァイオリンで弾きたい音楽を想像しながら

 「こんな風に弾けたらいいなぁ」と頭の中で思うだけで終わってしまうのです

ヴァイオリン 正しい音程 音楽 バイオリン レッスン 教室

そうではなく

 ヘリコプターをしっかりと空中に浮かせると、どこへでも自由に行けるように

 ヴァイオリンで「よく響くポイント」としての[壺]を探し求め続けるレッスン

 受けことで、ヴァイオリンでどのようなも自在に弾けるようになるのです

ヴァイオリン 正しい音程 音楽 バイオリン レッスン 教室

であればこそ私は

 私のサイトのレッスン形態 教室の場所 空き状況のページの

 レッスン方針では

 ブログの記事の『文字の書き方も習わずに文章を綴る?

 あなたのヴァイオリンが上達しない決定的な理由』でも書いたように

 プロや音大の先生までもがバイオリン本来の音程の取り方については不案内で

 歴史的に確立されている音程の取り方を教える教室は殆どありません。

 さらに

 バイオリン重音音程取る際の[差音]は理屈や必要性が説かれるだけで

 それを聴き取る具体的なレッスンしている教室は全くと言っていいほど

 ありません。

 けれども

 そうした音程取る際には響きを求めるので、

 運指左指)とともに運弓(右手)の技術必要

 そうした音程を探究する訓練こそが、

 ヴァイオリン演奏技術の根幹を成すものだといえます。

 

 そうしたことから当教室では

 趣味で習う一般の方だけでなく、専門家を目指す方や

 音大生 演奏者 指導者の方へのレッスンにおいても

 既述のような音程の取り方も含めて、伝統に則り

 「正しい音程」 (正確な音程)

 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための

 基礎的な演奏技術を大切に指導

 一音いちおん丁寧に各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています

 と掲げています

ヴァイオリン本来音程の取り方学び、どのような正しい音程の美しい音で

奏でたい方は、当教室バイオリンレッスンをぜひ受けてみてください。


(下掲のボックスでブログ(サイト)内の検索ができます)

 

 

このブログの文章・画像・その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします

 指導