チューナー(チューニングメーター) 実は画期的な装置!?

本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)

(iPhoneなどで端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は

  画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます)

 イワモト ヴァイオリン教室のブログへようこそ。

 イワモト ヴァイオリン教室では
 専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも
 「正しい音程」 (正確音程
 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための
 基礎的な演奏技術を大切に指導
 一音いちおん丁寧に
 各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています

 ヴァイオリン本当に上手に弾けるようになりたい方は
 当教室バイオリンレッスンをぜひ受けてみてください。

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

ヴァイオリンを調弦する際には

 基準になる音を音叉などで取った後に

 『温故知新 ~その2~(調弦を正しく行うために)』や

 『[差音]と[加音](さらに正確に調弦を行うために)』で書いたように

 それぞれの弦同士が完全5度になるように調弦し

 2つの開放弦を完全5度に調弦して同時に弾いて

 下の弦の音の1オクターブ下の音が鳴っていれば

 2つの開放弦が正確に完全5度で調弦できていることになるので

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

 響き聴くこと正しい音程調弦できます。

また

 このブログで何度もなんども書いているように

 ヴァイオリンの音程はヴァイオリンの響きを聴いて取るものであることや

 ヴァイオリンの音程はヴァイオリンそれ自体だけで正確に取れることを習い

 正確な知識と緻密な観察に基づく訓練受け続けた人達であれば

 単音は勿論、重音音階練習の際にも私は生徒さんに対して

 「そうそう、天麩羅を揚げているような音が(微かに)聞こえますね」と言ったり

 「そうそう、線香花火の音が(微かに)聞こえますね」と言って褒めることがある

 ということ意味がわかって頂けると思います

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

そして

 ヴァイオリンでは同じ音符でも重音、旋律、旋律の前後関係で音程が異なりますが

 何れの音程にするのかは線香花火の音がする音程から選べばいいのです。

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

さらに

 ヴァイオリン音程取るにはヴァイオリン響き聴くことから

 ヴァイオリン音程を正しく取れるようになること右手訓練にもなりますし

 ヴァイオリン音程を正しく取れるようになってから音階エチュード練習

 することヴァイオリン正しい音程の美しい音で奏でられるようになります。

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

ところが

 『音程を教えるのは低俗? 音楽を騙るのは高尚?』で書いたように

 ヴァイオリンは響きを聴いて音程を確定できる…という本来の手法が忘れられたため

 ヴァイオリンならではの音程の取り方というものは

 音程左手運指と、響き右手の運弓の指導も伴う点で“技術”に精通し

 同じ音符でも、複数の音程から最適な音程を選択する点で“音楽”に精通した者

 即ち本当に音楽を知る者が教えられるということも忘れられてしまったのです。

そして

 ヴァイオリンという自ら音程を作る作音楽器では音程の取り方基礎中の基礎

 その指導には正確な知識と緻密な観察に基づく訓練の反復が必須にもかかわらず

 そうした指導受けられない者や、そうした指導受けことがない者が巷に溢れ

 兎に角ひいて弾いて弾きまくって徐々にそれっぽい音程に近づけているような人が

 アマチュアのみならず音大卒生やプロのなかにも大勢居る事態に陥りました。

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

そのため

 譬えるに

 日本語ならではの文字の書き方は誰も教えず学ばれなくなってしまい

 誰もが兎に角かいて書いて書きまくって何となく正しい文字に似せている

 などということは有り得ないのに

 ヴァイオリンならではの音程の取り方は誰も教えず学ばれなくなってしまい

 誰もが兎に角ひいて弾いて弾きまくって何となく正しい音程に似せている

 ようになってしまったのです。

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

挙句の果てに

 既述のようにヴァイオリンの本来のレッスン受けた人達であれば

 ヴァイオリン正しい音程が取れると美しい音が響くことや、そうした音に対して

 「そうそう、天麩羅を揚げているような音が(微かに)聞こえますね」と言ったり

 「そうそう、線香花火の音が(微かに)聞こえますね」と言うことわかる一方で

 ヴァイオリンそうした正しいレッスン受けことのない者のなかには

 正しい音程が取れた際に天麩羅を揚げているような音が微かに聞こえる=潰れた音

 正しい音程を選ぶ際に微かに線香花火のような音が聞こえる中から選ぶ=濁った音

 などと誤想し曲解する者まで居たりするのです(笑)

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

そうしたことから

 既述のようなヴァイオリンの本来のレッスン受けことがないために

 ヴァイオリン音程響き聴くこと確定させられるという本来の手法を知らずに

 ヴァイオリン音程をチューナーで取ったり取らせたりする指導者まで現れましたが

 ヴァイオリンでは同じ音符でも重音、旋律、旋律の前後関係で音程が異なるなか

 求める音程がわからないままチューナーを使っても、音程確認にさえなりませんし

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

 ヴァイオリンでは同じ音符でも異なる音程が求められるのに、同じ音符は同じ音程

 ピアノを使って音程を取らせても、それはヴァイオリン音程にはなりませんし

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

 ヴァイオリン響き聴いて正しい音程の美しい音を奏でられること知らないため

 ヴァイオリン音程は頭の中の音に依る…などと言い出したりするのです。

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

そして

 『「音程に気を付けて」という台詞の無意味さ ~その1~』で書いたように

 ヴァイオリンの音程の取り方と称して手のや加減を論じていたり

 ヴァイオリンの音程を取るのにチューナーやピアノを使っていたりしていても

 それはあたかも

 四則演算のやり方と称して鉛筆を持つ手のや筆圧を論じていたり

 四則演算計算法と称して電卓を使ったり計算結果の数表を眺めているのと同じで

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

 それでは四則演算のやり方は学べない…というより教えていないように

 それではヴァイオリン音程の取り方は学べない…というより教えていないのです。

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

けれども

 ヴァイオリン響き音程確定させる本来のやり方をまず最初に習わなければ

 その演奏はただ単に“それっぽい”だけで、本来演奏“そのもの”ではなく

 ヴァイオリン本来響き音程確定させていない時点で、良い音でも弾けなければ

 録音のように楽譜通りきちんと弾くことも叶わないのです。


ということ

 ヴァイオリンでは同じ音符でも重音、旋律、旋律の前後関係で音程が異なるなか

 求める音程がわからないままチューナーを使っても、音程確認にさえなりませんし

 ヴァイオリン響き聴いて音程確定できるので、使う必要がないチューナーも

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

 実は利用方法を変えることで、極めて画期的な装置となるのですが

 それはレーダーとしての利用です。

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

と書くと

 チューナーを、レーダーとして使うとはどういうこと?…とお思いになる方や

 チューナーで、レーダー機能を有した製品が出たのか?…とお思いになる方も

 居るかもしれませんが

 チューナーがありさえすれば、どなたでも簡単にレーダーとして使えるだけでなく

 チューナーでありさえすれば、どのような製品もレーダーの機能があるのです。

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

それは

 既述のように

 ヴァイオリン響き聴くこと音程確定できるとともに

 ヴァイオリン響き聴いて音程確定させる訓練が本来のレッスン

 であるにもかかわらず

 そうした訓練レッスン受けことがないような先生に限って往々にして

 ヴァイオリンは同じ音符でも音程が違うのに、音程が固定されたピアノを使ったり

 ヴァイオリン自体で正しい音程が取れるのに、音程をチューナーで計測させてみたり

 ヴァイオリン音程は頭の中の音に依る…などと言い出したりするのです。

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

ということ

 チューナーを使う教室は、ヴァイオリン本来の音程の取り方教えない教室

 チューナーを使う先生は、ヴァイオリン本来の音程の取り方知らない先生なので

 ヴァイオリン教室にチューナーが置いてある=正しい音程の取り方習えない教室

 ヴァイオリンの先生がチューナーを使っている=本来のレッスン受けいない先生

 であることを発見できる点で、チューナーにはレーダーの機能があると言えます。 

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

そして

 初心者上級者までの老若男女いずれの学習者にあっても

 チューナーを使っている=“それっぽい”だけで本当ではないバイオリンレッスン

 チューナーなど必要ない=“そのもの”としての本当の本来のバイオリンレッスン

 というようにレーダーの画面で観るかの如くに明確に判別できてしまえるのです。

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

あなたの周りにも居ませんか?

 ヴァイオリン音程をチューナーで取ったり取らせてしまったりするような先生

 ヴァイオリン音程は頭の中の音に依って取れるなどと言ったりするような先生

 ヴァイオリン音程響き聴いて確定させられる方法を教えてくれている先生

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

そうした音程の取らせ方の指導の違いによって

 単に“それっぽい”だけのヴァイオリンごっこしている、偽物の指導者なのか?

 正に“そのもの”としてのヴァイオリン本来の指導をする、本物の指導者なのか?

 ということが、誰の目にも明らかになるのです。

チューナー 実は画期的な装置!? ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 音程

(下掲のボックスでブログ(サイト)内の検索ができます)

 

 

このブログの文章・画像・その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします

 指導