スイカ割り?! ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ

本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)

(iPhoneなどで端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は

  画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます)

 イワモト ヴァイオリン教室のブログへようこそ。

 イワモト ヴァイオリン教室では
 専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも
 「正しい音程」 (正確な音程)
 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための
 基礎的な演奏技術を大切に指導し
 一音いちおん丁寧に
 各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています。

 ヴァイオリンが本当に上手に弾けるようになりたい方は
 当教室のバイオリンレッスンをぜひ受けてみてください。

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

もしもスイカ割りで

 スイカの位置をGPSで計測して割ろうとしたりはせず

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

 スイカの位置を頭の中で思い浮かべて割ろうとしたりもせずに

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

 スイカを目で観て包丁で綺麗に切ってしまったとしたら

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッス

 スイカ割りとしては面白くないですよね?

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

それはヴァイオリンでも同じで

もしも音程を取ろうとした時に

 ヴァイオリンの音程をチューナーで測定して取ろうとしたりはせず

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

 ヴァイオリンの音程を頭の中で思い浮かべて取ろうとしたりもせずに

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

 ヴァイオリンの響きを耳で聴いて正しい音程の美しい音を奏でてしまったとしたら

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

 ヴァイオリンの音程の取り方としては面白くないですよね?

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

いえいえ

 スイカ割りでは、いくら頭の中で思い浮かべる位置の精度を高めたところで

 曖昧にしかスイカを割れず

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

 だからといって目で観て包丁で綺麗に切ってしまっては面白くありませんが

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

 ヴァイオリンでも、いくら頭の中で思い浮かべる音程の精度を高めたところで

 曖昧にしか音程が取れず

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

 だからといって耳で響きを聴いて正しい音程の美しい音を奏でては面白くない

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

 ではなく(笑)耳で響きを聴いて正しい音程の美しい音を奏でることが求められ、

 そうした方法は三百年近い歴史のなかで確立しています。

そうしたことから私は

 一音いちおんヴァイオリンの響きを聴いて確実に音程を取る方法をレッスンし続けて

 います…というより、これこそがヴァイオリンのレッスンの本来の姿なのです。

その結果 

 このブログで何度も書いているように

 生徒さん方がヴァイオリンの響きで音程が取れるようになるのに伴って

 単音は勿論、重音の音階練習の際にも私は生徒さんに対して

 「そうそう、天麩羅を揚げているような音が(微かに)聞こえますね」と言ったり

 「そうそう、線香花火の音が(微かに)聞こえますね」と言うようになります。

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

そして

 ヴァイオリンでは同じ音符でも重音、旋律、旋律の前後関係で音程が異なりますが

 何れの音程にするのかは線香花火の音がする音程から選べばいいのです。

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

さらに

 ヴァイオリンの音程を取るにはヴァイオリンの響きを聴くことから

 ヴァイオリンの音程を正しく取れるようになることは右手の訓練にもなりますし

 ヴァイオリンの音程を正しく取れるようになってから音階やエチュードや曲を練習

 することでヴァイオリンが正しい音程の美しい音で奏でられるようになります。

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

ところが

 これも以前の記事で書いたように

 ヴァイオリンは響きを聴いて音程を確定できる…という本来の手法が忘れられたため

 ヴァイオリンならではの音程の取り方というものは

 音程=左手の運指と、響き=右手の運弓の指導も伴う点で“技術”に精通し

 同じ音符でも、複数の音程から最適な音程を選択する点で“音楽”に精通した者

 即ち本当に音楽を知る者が教えられるということも忘れられてしまったのです。

そして

 ヴァイオリンという自ら音程を作る作音楽器では音程の取り方は基礎中の基礎で

 その指導には正確な知識と緻密な観察に基づく訓練の反復が必須にもかかわらず

 そうした指導を受けられない者や、そうした指導を受けたことがない者が巷に溢れ

 兎に角ひいて弾いて弾きまくって徐々にそれっぽい音程に近づけているような人が

 アマチュアのみならず音大卒生やプロのなかにも大勢居る事態に陥りました。

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

そのため

 譬えるに

 日本語ならではの文字の書き方は誰も教えず学ばれなくなってしまい

 誰もが兎に角かいて書いて書きまくって何となく正しい文字に似せている

 などということは有り得ないのに

 ヴァイオリンならではの音程の取り方は誰も教えず学ばれなくなってしまい

 誰もが兎に角ひいて弾いて弾きまくって何となく正しい音程に似せている

 ようになってしまったのです。

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

挙句の果てに

 既述のようにヴァイオリンの本来のレッスンを受けた人達であれば

 ヴァイオリンで正しい音程が取れると美しい音が響くことや、そうした音に対して

 「そうそう、天麩羅を揚げているような音が(微かに)聞こえますね」と言ったり

 「そうそう、線香花火の音が(微かに)聞こえますね」と言うことがわかる一方で

 ヴァイオリンのそうした正しいレッスンを受けたことのない者のなかには

 正しい音程が取れた際に天麩羅を揚げているような音が微かに聞こえる=潰れた音

 正しい音程を選ぶ際に微かに線香花火のような音が聞こえる中から選ぶ=濁った音

 などと誤想し曲解する者まで居たりするのです(笑)

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

そうしたことから

 既述のようなヴァイオリンの本来のレッスンを受けたことがないために

 ヴァイオリンの音程は響きを聴くことで確定させられるという本来の手法を知らずに

 ヴァイオリンの音程をチューナーで取ったり取らせたりする指導者まで現れましたが

 ヴァイオリンでは同じ音符でも重音、旋律、旋律の前後関係で音程が異なるなか

 求める音程がわからないままチューナーを使っても、音程の確認にさえなりませんし

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

 ヴァイオリンでは同じ音符でも異なる音程が求められるのに、同じ音符は同じ音程の

 ピアノを使って音程を取らせても、それはヴァイオリンの音程にはなりません。

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

そして

 以前の記事で書いたように

 ヴァイオリンの音程の取り方と称して手の形や加減を論じていたり

 ヴァイオリンの音程を取るのにチューナーやピアノを使っていたりしていても

 それはあたかも

 四則演算のやり方と称して鉛筆を持つ手の形や筆圧を論じていたり

 四則演算の計算法と称して電卓を使ったり計算結果の数表を眺めているのと同じで

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

 それでは四則演算のやり方は学べない…というより教えていないように

 それではヴァイオリンの音程の取り方は学べない…というより教えていないのです。 

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

けれども

 ヴァイオリンの響きで音程を確定させる本来のやり方をまず最初に習わなければ

 その演奏はただ単に“それっぽい”だけで、本来の演奏“そのもの”ではなく

 ヴァイオリン本来の響きで音程を確定させていない時点で、良い音でも弾けなければ

 録音のように楽譜通りきちんと弾くことも叶わないのです。

とはいえ

 これもこのブログでも何度もなんども書いているように

 「日本語の用例集というのは、日本語を正しく綴る練習をするための教本」であり

 「日本語の用例集を使うなら、日本語の文字の読み書きができていないと使えない」

 のと同じで

 「音階練習の教本というのは、音程を正しく奏でるための練習をする教本」であり

 「音階練習の教本を使うなら、音程の取り方がわかっていないと使えない」

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

 などということは、少し考えれば誰もがわかる筈ですが

 そうしたことさえも、全く考えることもなければわかる筈もない人達も巷に溢れ

 日本語の文字の読み書きもできないで日本語の用例集を使うかの如くに

 音程の取り方もわかっていないままで音階練習の教本を復習う人が居る現状には

 どうしてそのおかしさに気づかないのか?と思うばかりです。

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

ですから

 ヴァイオリンは響きを聴いて正しい音程の美しい音を奏でられる…にもかかわらず

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

 ヴァイオリンの音程をチューナーで測定して音程を取ろうとしたり

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

 ヴァイオリンの音程を頭の中で思い浮かべて音程を取ろうとしていることは

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

 譬えるに

 スイカを目で観て包丁で綺麗に切れる…にもかかわらず

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

 スイカの位置をGPSで計測してスイカを割ろうとしたり

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

 スイカの位置を頭の中で思い浮かべてスイカを割ろうとしているのと同じです。

ヴァイオリンの音程の取り方を知らないことの愚かさ バイオリン教室 ヴァイオリンレッスン

あなたの周りにも居ませんか?

 ヴァイオリンの音程をチューナーで取ったり取らせてしまったりするような先生

 ヴァイオリンの音程は頭の中の音に依って取れるなどと言ったりするような先生

 ヴァイオリンの音程は響きを聴いて確定させられる方法を教えてくれている先生

バイオリン ヴァイオリン バッハ 無伴奏 音程 違い ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

そうした音程の取らせ方の指導の違いによって

 単に“それっぽい”だけのヴァイオリンごっこをしている、偽物の指導者なのか?

 正に“そのもの”としてのヴァイオリン本来の指導をする、本物の指導者なのか?

 ということが、誰の目にも明らかになるのです。

バイオリン ヴァイオリン バッハ 無伴奏 音程 違い ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

(下掲のボックスでブログ(サイト)内の検索ができます)

 

 

このブログの文章・画像・その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします

 指導