インクの入った水 あなたがいつまでもヴァイオリンをきちんと弾けない理由

本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)

(iPhoneなどで端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は

  画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます)

 イワモト ヴァイオリン教室のブログへようこそ。

 イワモト ヴァイオリン教室では
 専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも
 「正しい音程」 (正確音程
 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための
 基礎的な演奏技術を大切に指導
 一音いちおん丁寧に
 各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています

 ヴァイオリン本当に上手に弾けるようになりたい方は
 当教室バイオリンレッスンをぜひ受けてみてください。

あなたがいつまでもヴァイオリンをきちんと弾けない理由、それはバイオリンのレッスンの進め方に問題があるからです。

例えば

 料理を習う際に、大雑把でいいから取り敢えず作り通し、細部は徐々に…などとし、

 しかも味見をして最適な味付けをする方法も学ばずに塩分濃度計を使っていたら、

 いつまでも真面に料理が作れるようになる筈がないことは言うまでもありません。

あなたがいつまでもヴァイオリンをきちんと弾けない理由、それはバイオリンのレッスンの進め方に問題があるからです。

というよりも

 料理を作るのに、大雑把でいいから取り敢えず作り通し…などという作り方をしたら

 そんな料理は腹痛を起こしてしまうでしょう。

あなたがいつまでもヴァイオリンをきちんと弾けない理由、それはバイオリンのレッスンの進め方に問題があるからです。

そして何より

 最初のうちは大雑把で、徐々に細部を…とすると、程度の差や期間の長短こそあれ

 大半の期間は大雑把に調理してしまうことで、大雑把に作る癖が付いてしまい、

 いざ細部を詰めて…と思った時に、どこかしら大雑把にしか作れなくなるので、

 一つひとつ丁寧に学び重ねなければならないのもまた、当然のことです。

あなたがいつまでもヴァイオリンをきちんと弾けない理由、それはバイオリンのレッスンの進め方に問題があるからです。

また

 計算を習うのに、大雑把でいいから取り敢えず計算して、細部は徐々に…などとし、

 しかも数値を読んで正しい演算を行う方法も学ばずに電卓を使っていたら、

 いつまでも真面に計算ができるようになる筈がないことは言うまでもありません。

あなたがいつまでもヴァイオリンをきちんと弾けない理由、それはバイオリンのレッスンの進め方に問題があるからです。

というよりも

 計算をするのに、大雑把でいいから取り敢えず計算して…などという解き方をしたら

 そんな計算は唖然とされてしまうでしょう。

あなたがいつまでもヴァイオリンをきちんと弾けない理由、それはバイオリンのレッスンの進め方に問題があるからです。

そして何より

 最初のうちは大雑把で、徐々に細部を…とすると、程度の差や期間の長短こそあれ

 大半の期間は大雑把に計算してしまうことで、大雑把に計算する癖が付いてしまい、

 いざ細部を詰めて…と思った時に、どこかしら大雑把にしか計算できなくなるので、

 一つひとつ丁寧に学び重ねなければならないのもまた、当然のことです。

あなたがいつまでもヴァイオリンをきちんと弾けない理由、それはバイオリンのレッスンの進め方に問題があるからです。

同様に

 ヴァイオリンも、大雑把でいいから取り敢えず弾き通し、細部を徐々に…などとし、

 しかも響き聴いて正しい音程を取る方法も学ばずにチューナーを使っていたら、

 いつまでも真面に演奏ができるようになる筈がないことは言うまでもありません。

あなたがいつまでもヴァイオリンをきちんと弾けない理由、それはバイオリンのレッスンの進め方に問題があるからです。

というよりも

 ヴァイオリンを、大雑把でいいから取り敢えず弾き通し…などという弾き方をしたら

 そんな演奏は騒音になってしまうでしょう。

あなたがいつまでもヴァイオリンをきちんと弾けない理由、それはバイオリンのレッスンの進め方に問題があるからです。

そして何より

 最初のうちは大雑把で、徐々に細部を…とすると、程度の差や期間の長短こそあれ

 大半の期間は大雑把に演奏してしまうことで、大雑把に演奏する癖が付いてしまい、

 いざ細部を詰めて…と思った時に、どこかしら大雑把にしか演奏できなくなるので、

 一つひとつ丁寧に弾き重ねなければならないのもまた、当然のことです。

あなたがいつまでもヴァイオリンをきちんと弾けない理由、それはバイオリンのレッスンの進め方に問題があるからです。

と思いきや

 料理を学ぶのに、取り敢えず大雑把でいいから…などということはする筈がなく

 計算を学ぶのに、取り敢えず大雑把でいいから…などということもする筈もないのに

 ヴァイオリンは、取り敢えず大雑把でいいから…などということしている事例が

 本当にあったりするのです。

あなたがいつまでもヴァイオリンをきちんと弾けない理由、それはバイオリンのレッスンの進め方に問題があるからです。

では

 料理をするのに、取り敢えず大雑把に作り通す…などということは有り得ず

 計算をするのに、取り敢えず大雑把に計算する…などということも有り得ないのに

 ヴァイオリンで、取り敢えず大雑把に弾き通す…などということが有り得るのは

 何故かといえばそれば

 料理においては、味見をして最適な味付けをする方法を踏まえて料理をしますし

 計算においても、数値を読んで正しい演算を行う方法を踏まえて計算をするのに

 ヴァイオリンは、響き聴いて正しい音程を取る方法も知らずに音楽云々と言う者が

 あろうこと指導者にも居て、そうした先生?に限ってチューナーを使ったりしつつ

 ヴァイオリンで、取り敢えず大雑把に弾き通すなどということをしてしまうのです。

けれども

 『音程を教えるのは低俗? 音楽を騙るのは高尚?』でも書いたように

 正しい文字が書けてこその短歌、詩、随筆、小説の執筆であるのと同様に

 音正しい程が取れてこその小品、ソナタ、協奏の演奏である筈です。

あなたがいつまでもヴァイオリンをきちんと弾けない理由、それはバイオリンのレッスンの進め方に問題があるからです。

ですから

 料理においても、作る側ではなく、食す人が大雑把に食い散らかし

 計算においても、解く側ではなく、読む人が大雑把に読み飛ばすことがあるように

 ヴァイオリンも、弾く側ではなく、聴く人が大雑把に聞くことがあり

 ヴァイオリンで、大雑把に弾き通す…などという発想をしてしまうような者は

 ヴァイオリン弾いていても、その実態はプレーヤーではなくリスナーなのです。

あなたがいつまでもヴァイオリンをきちんと弾けない理由、それはバイオリンのレッスンの進め方に問題があるからです。

挙句に

 玄人のプレーヤーとしての経験が無く一音ずつ丁寧に積み重ねたことなどないので

 何でもいいからまずはやってみる…などという暴言を平気で口にしたりしますが、

 建物の建築でも一つひとつ正しく積み重ねないと曲がってしまうように

 演奏技術でも一つひとつ正しく積み重ねないと狂ってしまい、

 一度でもおかしな癖が付いてしまうと、直すのが大変になってしまうか

 場合によっては直せなくなることもあるのです。

あなたがいつまでもヴァイオリンをきちんと弾けない理由、それはバイオリンのレッスンの進め方に問題があるからです。

ですから

 そうしたことは決して一部や特定の先生においてではなく

 ヴァイオリン学び奏で教える者のすべてが常に自戒しなければならないのです。

あなたの受けているヴァイオリンレッスンはどうでしょうか?

 最初のうちは大雑把で、徐々に細部を…などというレッスンでしょうか?

 けれどもそれは、真水であるべきところにインクが混ざってしまったようなもので

あなたがいつまでもヴァイオリンをきちんと弾けない理由、それはバイオリンのレッスンの進め方に問題があるからです。

 後々いくら丁寧に真水を注いでも、そうしたインク=大雑把な弾き方は

 薄まりはしても、真水になることは決してなく

あなたがいつまでもヴァイオリンをきちんと弾けない理由、それはバイオリンのレッスンの進め方に問題があるからです。

 あなたはいつまでもヴァイオリンをきちんと弾けないままに終わるのです。

ですから

 最初のうちから丁寧に、一つひとつ細部を…というレッスン受け続け

 真水のごとき、少しの濁りもない演奏技術学び重ねることでのみ

あなたがいつまでもヴァイオリンをきちんと弾けない理由、それはバイオリンのレッスンの進め方に問題があるからです。

 あなたはいつでもヴァイオリンをきちんと弾けるようになれるのです。

そして

 私のサイトの

 『ヴァイオリンを奏でる本当の楽しみ』のページに書いたように

 最初は大雑把でも、もっと上達してから直して行けばいい…

 というやり方は却って遠回りになってしまうのです。

 初めての方は、一音いちおん正しく学び重ねることが上達への近道になります。

 経験者の方も、そのように学び直すと更なる上達が得られます


(下掲のボックスでブログ(サイト)内の検索ができます)

 

 

このブログの文章・画像・その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします

 指導