肩当てにおけるUFO?! ~その1~

本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)

(iPhoneなどで端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は

  画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます)

 イワモト ヴァイオリン教室のブログへようこそ。

 イワモト ヴァイオリン教室では
 専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも
 「正しい音程」 (正確な音程)
 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための
 基礎的な演奏技術を大切に指導し
 一音いちおん丁寧に
 各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています。

 ヴァイオリンが本当に上手に弾けるようになりたい方は
 当教室のバイオリンのレッスンをぜひ受けてみてください。

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て

ヴァイオリンの演奏において

 以前の記事で書いたように

 ヴァイオリンの音程の取り方=響きを聴いて音程を取る方法を知る者にとって

 チューナーというのは

 “がいがい”(垓害)どころではなく“ろんがい”(論外)でしかないのに

 初心者のなかにはチューナーを使うなどという独学の人が居たりするだけではなく

 指導者のなかにもチューナーを使わせるという毒学といえる輩も居たりします。

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て

そして

 そうした独学者や、既述のような毒学指導者に就いてしまっていると

 このブログで何度も書いているように

 単音は勿論、重音の音階練習の際にも私は生徒さんに対して

 「そうそう、天麩羅を揚げているような音が(微かに)聞こえますね」と言ったり

 「そうそう、線香花火の音が(微かに)聞こえますね」と言うようになったり

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て

 同じ音符でも何れの音程にするのかは線香花火の音がする音程のなかから選べばいい

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て

 といったヴァイオリン本来の音程の取り方など知らず習わずわからず

 そのためヴァイオリン本来の響きで演奏できる醍醐味など永遠にわからないのです。

さらには

 以前の記事で書いたように

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て

 

 

という和音をヴァイオリンで弾く際に

 私のサイトの

 『Scales by Simon Fischer』(サイモン・フィッシャー/スケールズ

 のページで掲げた

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て

サイモン・フィッシャー

スケールズ

Scales by Simon Fischer

 How to tune each note of the scaleの項目の音程の取り方に従って

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て

(上掲の譜例の画像はHow to tune each note of the scaleの一部です)

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て

 

 

の音程を取り

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て

 

 

の音程を取って

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て

 と弾いてみたところで、正しい和音の音程にはならず

 ヴァイオリンの重音ならではの音程の取り方が必要…などということも学べず

 あろうことか

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て

 

 

の音程をチューナーで取り

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て

 

 

の音程もチューナーで取り

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て

 と弾いてみたところで、濁った汚い和音にしかならない…にもかかわらず

 そのように練習させられ演奏しても平気な感覚に陥れられてしまうのです。

そして

 以前の記事書いた“音程” は “リズム” に属するということもわからないうえ

 音程の取り方が不明で抽象的な世界に逃げ込むために音色を語られたりしますが

 これこそまさに毒学の毒学による毒学のための毒学でしかないといえます。

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て

その結果

 身も心も…ならぬ、耳も頭も、すっかり“チューナー耳”になってしまうだけでなく

 ヴァイオリンの音程の取り方=ヴァイオリンの響きを聴くという根本を学べないうえ

 ヴァイオリンは音程の正しさにより美しい音の響きが得られることもわからないまま

 運弓でもブ~ブ~としか鳴らないのを、楽器が鳴らせていると誤解させられ

 音色でもボ~ボ~としか響かないのを、音色に考慮すべきだと換言されつつ

 運指でもノロノロとしか弾けないのを、丁寧に復習っていると誤想するばかりで

 ヴァイオリン本来の響き・音色・運指の何れも正しく学べないのです。

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て

ですから

 そうした毒学者のもとを離れ、真面な指導者のもとで解毒することで上達できるのに

 そのことに気づかない初心者が居ることは、まさにお気の“毒”な限りです。

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て

それに対して

 肩当てについては、それを使い使わせることが毒…などということは無く

 肩当てを使いたい方は使えばいいものの、私自身は使わないでいました。

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て

それは

 以前の記事で書いたように

 “しつこい”などという次元ではない執拗なまでに追究でもなければ追求でもなく

 追及しているのではないかと思える程のレッスンをされ、教えられているこちらは

 眩暈がして倒れそうになったことを今でも昨日のことのように覚えている

 アイザック・スターン先生は、公開レッスンなどでも肩当てをしている受講生には

 肩当てを外すように言い、まるで破壊するかの如くに床に叩き付けることさえあり

 その理由として、楽器からの振動を体で感じられなくなるからだ…ということを

 繰り返し仰られていたからです。

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て

ところが

 上記の理由で、肩当てを使うことなく練習し演奏し続けていた私が

 最近になって、肩当てを使うべく肩当ての調整のみならず楽器の構え方まで変えて

 ようやく肩当てを使って弾けるようにしました。

そして

 いろいろなお店を探し歩いた結果、セリアという100円ショップの

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て ケース

 下掲のケースが

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て ケース

 肩当てを入れるのに最適なこともわかりましたが

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て ケース

(一部の肩当てに附属する巾着袋や、柔らかい素材でのポーチなどと異なり

 カバンや荷物の運搬中の通常の圧力では全く潰れないハードケースとして

ヴァイオリン用のブリッジ型の肩当ての多くの製品で利用可能です) 

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て ケース

(上掲は仕事仲間達のケースも私が新たにまとめ買いしたものです(笑))

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て ケース

(サイズと構造は同じでも、デザインが異なるものが有るようです)

 蝶番に相当する部分がネジなどではなく薄皮一枚で繋がっているだけの構造なため

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て ケース

 練習や演奏や指導の度に開閉しているとすぐに裂けてしまったので

 下掲のようなテープを細かく裁断したものを使って

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て ケース

 蝶番に相当する部分を補修してまで

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て ケース
ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て ケース

 肩当てをケースに入れて必ず持ち歩き使うまでになりました。

(なお                                 

 2018年5月現在、Seriaでの既掲のケースの販売は終了しています)

と書くと

 何故肩当てを使うようになったのか?…というよりも

 そもそも肩当てにおけるUFOとは何?…という声が聞こえて来そうですが

ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン 肩当て

 それについては次の記事で詳しく書きたいと思います。


(下掲のボックスでブログ(サイト)内の検索ができます)

 

 

このブログの文章・画像・その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします

 パーツ