「弦のトホホ」(仮名)というブランドの有名無実ぶり

本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)

(iPhoneなどで端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は

  画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます)

 イワモト ヴァイオリン教室のブログへようこそ。

 イワモト ヴァイオリン教室では
 専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも
 「正しい音程」 (正確な音程)
 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための
 基礎的な演奏技術を大切に指導し
 一音いちおん丁寧に
 各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています。

 ヴァイオリンが本当に上手に弾けるようになりたい方は
 当教室のバイオリンのレッスンをぜひ受けてみてください。

桐朋学園 子供のための音楽教室 子どものための音楽教室

私は最近

 二人=二家族もの生徒さんのレッスンをお断りしました…などと書くと

 まるで“破門”にしたかの如くに受け取る方も居るかもしれませんが、そうではなく

 それは「どうぞお幸せに~♪」とでも言うべきものでした。

桐朋学園 子供のための音楽教室 子どものための音楽教室

けれども

 レッスンを断った具体的な状況はそれぞれ異なるものの

 レッスンを断った背景としてはいずれも

 「トホホ学園」(仮名)が関係していた…などと書くと

 “トホホ学園”で検索する方が居るかもしれませんが、それはあくまで仮名であって

 そのような校名の学校が実在しないことを一応調べたうえで書いていますが

 そのような為体の学園が、私が複数構えている教室の一つの近くに有ることは

 事実です。

そして

 “トホホ”という言葉の意味を検索してみると

 情けなく、みじめに感じている時などに発する語。…とありましたが

 https://kotobank.jp/word/とほほ-584748 

 にもかかわらず巷では

 「トホホ学園(仮名)子供のための音楽教室」などという集金システムが存在したり

 「弦のトホホ」(仮名)などと言われたりすることがある誤った認識に対して

 たとえそれが小さなものでしかないとしても警鐘を鳴らすべく書きたいと思います。

桐朋学園 子供のための音楽教室 子どものための音楽教室

ということで

 まずひとつめのご家族は

 「トホホ学園(仮名)子供のための音楽教室」という集金システム…すなわち

 その学園の卒業生のなかでも肩書が多少一般受けする講師を食べさせつつ体裁を繕う

 ただそれだけで、実技では兎に角弾いてひいて弾きまくらせるばかりで

 実際はなぁ~んにも教えてくれない教室の、S川にある総本山に通っていました。

そして

 各地にある既述の集金システムの総本山にあたるS川の教室では

 例えば

 実技は弾き捲らせるばかりでなぁ~んにも教えてくれないので

 〇マハ音楽教室に移ったら、そのほうが多少マシで(笑)

 でも幾ら何でも…と、私の後輩の教室に逃げて来た生徒が居る…ですとか

 例えば

 レッスンは水曜日の夕方だったのに、突然次から火曜日の午後に来いというので

 万障繰り合わせて何とか行くと先生が不在…というだけでも呆れるのに

 事務所で訊くと先生は演奏旅行で来月まで不在という

 毎週のレッスンが不可欠な初心者に不向きなことを平然とする先生だらけ…ですとか

 更には

 私の複数ある教室のひとつの近所で、ヴァイオリンの音程を取らせるのに

 あろうことかピアノを叩いて取らせる…それも大切なメロディーでそうするのが

 聞こえて来て、私の生徒さん方が大笑いしている(大笑)ので

 一体何…と思っていたところ、その集金システムの先生だと知ったり

 挙句に

 既述のように肩書が多少一般受けする講師を食べさせつつ体裁を繕う集金システムの

 維持のためにはなりふり構わず、最近では地元で新聞の折り込み広告に留まらず

 宅配ピザのチラシ同様、ポスティングまでし捲っている…などといった

 呆れた話を沢山見聞きしていました。

そうしたなか

 既述のご家族は

 「トホホ学園(仮名)子供のための音楽教室」は集金システム…とは知らずに通い

 実際はなぁ~んにも教えてくれずに、兎に角弾いてひいて弾き捲らせるばかりなので

 何とかして欲しい…と私のところに頼み込んで来たので

 私も既述のような集金システムでしかない教室の詳しい惨状を知るよい機会だと思い

 レッスンを引き受けてみることにしました。

一方

 そのような集金システムとは別に、世の中には〇ズキ・メソードという

 ヴァイオリンのレッスンに名を借りた進捗を味あわせるための誤想システムがあり

 このメソードで半年習ってしまった人を本来の奏法に戻すには1年

 このメソードで1年習ってしまった人を本来の奏法に戻すには2年

 このメソードで2年習ってしまった人を本来の奏法に戻すには4年

 このメソードで3年習ってしまった人を本来の奏法に戻すには6年もかかるので

 脱北者ならぬ脱鈴者の方は、お気の毒過ぎるので最近は最初からお断りしています。

(もっとも

 このメソードでレッスンをお断りするのは、まさに現在進行形の状況にある方々で

 このメソードで上達しない方や、このメソードに疑問を感じ移ってこられる方には

 私は大喜びでレッスンしていますし、短期間で確実に上達しています)

そして

 既述のご家族は、通っていたのがそうした誤想システムではなかったものの

 やはり最初から引き受けるべきではなかったことに数週間で気づきました。

というのは

 既述の集金システムが展開している聴音(ソルフェージュ)には定評がある

 と聞いていたのに何の効果もないので

 既述の集金システムの聴音でかつて常に最高得点を取っていた

 後輩のヴァイオリニストに訊いたところ

 「トホホ学園(仮名)の聴音は本当に素晴らしくて、何しろ

  トホホ学園(仮名)でしか使えないのだから」という皮肉を言う有り様でした。

そして何より

 実際はなぁ~んにも教えてくれずに、兎に角弾いてひいて弾き捲らせるばかりなので

 例えば音階教本には「電車が通り過ぎるように」と書き込まれていたり(はぁ?)

 例えばエチュードは「兎に角100回弾けと言われた」(はぁ~?)という為体で

 私がそうではなく、一音いちおん音程の取り方から弾き方まで懇切丁寧に指導して

 わずか数週間で劇的に上達した…というより

 今までなぁ~んにも教えてもらえずに弾き捲っていたのを弾き方を教えたので激変し

 メデタシめでたし…と思っていたところが、親御さんが

 「(トホホ学園(仮名)の)先生が不機嫌になった」と苦情を言うので事情を訊くと

 「一体、そんなことを何処で教わった」ということなのだそうです。

えっ?

 なぁ~んにも教えてくれないから…と私のところに習いに来て、色々と教えたら

 なぁ~んにも教えてくれない先生が不機嫌になったと私に苦情を言う!?

つまり

 既述の誤想システムで習ってしまった人達は、異端な奏法が染み付いてしまうように

 既述の集金システムに通っているような人は、「弦のトホホ」(仮名)という

 有名無実なブランドにすっかり毒されてしまっていることがわかり

 それなら、そのブランドで、いわば「毒食らわば皿まで」で過ごされれば良いと思い

 「どうぞお幸せに~♪」という気持ちで、その時点で私からレッスンを断りました。

桐朋学園 子供のための音楽教室 子どものための音楽教室

(とだけ書くと

 何ともあっけらかんとした対応で私が酷いように読めるかもしれませんが

 実際にはもう少し色々と複雑な事情や他の状況も絡んでいるものの

 個人情報に触れるといけないので話を要点だけの記述に留めています)

また

 もうひとつのご家族は

 「トホホ学園(仮名)子供のための音楽教室」という集金システムには通わずに

 「トホホ学園(仮名)」の先生にご自宅に来てもらっているものの

 音程が正しく取れない…ということで私にその点を何とかして欲しいと要望された

 お宅でした。

そして

 私の複数ある教室のひとつに来る予定が、たまたま初回は日程が合わないとのことで

 別の日に私がそのお宅を訪ねると、そこには驚愕の光景が広がっていました。

それは

 例えば

 恐らく…というより間違いなく、その先生の斡旋によって購入されたであろう楽器は

 私が全身全霊で耳を傾けても音程が曖昧にしか取れない楽器であったり

 例えば

 それはその先生がレッスンで使うというシンセサイザーの一種が設置されていて

 その機械を使うことで純正律での指導が可能になるということであったり

 例えば

 それはその先生が何か勘違いしている…というよりも

 玉木さん=純正律という単純な誤解をしているためからか

 玉木宏樹著『革命的音階練習』を使って純正律の音階の練習をするというのです。

そこで

 先方の先生が選んでくれた楽器を批判しても気分を害すると思い、それには触れず

 大雑把に言ってヴァイオリンというのは旋律はピタゴラス音律、和音は純正律で弾き

 さらに言えば[ソ][レ][ラ][ミ]を完全5度に調弦する時点で純正律でない

 などという話を展開しても、素人のご家族にはわかって貰えないと思い

 先ず

 以前の記事で書いたように、玉木さんが作曲家の青島広志氏の番組で説明しても

 NHKがその解説を総てカットして放送しなかった説明方法はシンセサイザーでも

 通用するので実演するとともに

 次に

 メロディーを純正律で弾いた場合と、ピタゴラス音律で弾いた場合の弾き分けをして

 最後に

 玉木宏樹=純正律と考えられがちなものの

 『革命的音階練習』はピタゴラス音律で練習するように作られていると話しました。

(もしもこの教本をお持ちの方はP.12を開けていただければ

 そこには

  私は、純正律、ピタゴラス音律、平均律などの音律をご紹介して、

 特にハモる純正律の美しさを主張しています。

  しかし、この教本での音程の取り方は、ハモる純正律ではなく、旋法

 中心のピタゴラス音律でやってください。

 とわざわざ太字で注釈が書かれています)

革命的音階練習 玉木宏樹

すると

 このお宅のご主人は

 シンセサイザーに対して「これで正しい音程取れないんだ…よわったなぁ~」と言い

 音程の取り方や教本の使い方が完全に誤りであることを実演してみせてもなお

 「トホホ学園(仮名)の先生には引き続きレッスンをしてもらうので

 先生(=私)には、音程の取り方として基礎を固めて欲しい」と言うのです。

えっ?

 トホホの先生の誤ったシンセサイザー指導と、誤った音階練習のレッスンを受けつつ

 そのうえで、それらが誤りだとする私のレッスンも受ける?

いえ

 このお宅のご主人の言葉を借りれば

 「概略はトホホ学園(仮名)の先生で、基礎を岩本先生に」と言うのですが

 要するにこのお宅もまた、「弦のトホホ」(仮名)という

 有名無実なブランドにすっかり毒されてしまっているので

 トホホ学園(仮名)の先生が頓珍漢…というより破茶滅茶な指導をしてるなどとは

 思ってもいないので、ここでもまた「毒食らわば皿まで」で過ごされれば良いと思い

 「どうぞお幸せに~♪」という気持ちで、その時点で私からレッスンを断りました。

桐朋学園 子供のための音楽教室 子どものための音楽教室

(とだけ書くと

 何ともあっけらかんとした対応で私が酷いように読めるかもしれませんが

 ここでもまた実際にはもう少し色々と複雑な事情や他の状況も絡んでいるものの

 個人情報に触れるといけないので話を要点だけの記述に留めています)

と書くと

 「トホホ学園(仮名)はダメでもG大なら…」と思う方も居るかもしれませんが

 そのG大の先生のところで

 やれピアノを叩いてヴァイオリンの音程を取らせられたり

 やれ音階練習や曲の指導で具体的な音程の取り方や技術的な指導もされずに

 「春の日の夕方の土手を歩くような感じで」などと言われたりする…ということで

 私のところに逃げて来た生徒さん達が居ます。

そして

 そうした先生にはトホホ学園(仮名)でもG大でも現役の教授が含まれているので

 他の先生方でも推して知るべしであるとともに

 他の音楽大学も推して知るべしなのです。

さらには

 ビジネスの歴史に名を遺したほどの名経営者で趣味でヴァイオリンを習っている方に

 以前お会いしたことがあるものの、ヴァイオリンに関しては頓珍漢の塊で(笑)

桐朋学園 子供のための音楽教室 子どものための音楽教室

 と

桐朋学園 子供のための音楽教室 子どものための音楽教室

 が弾き分けられず聴き分けられないのに音律云々…と言っていることから

 呆れてもう遭わないようにしていますが(笑)

 あくまで趣味…とはいえ、そんな為体の人を、最近講演に招いて歓迎の演奏までする

 G大附属高校も如何なものか…と思っています。

つまり

 私のサイトのヴァイオリンの音程の取り方のページにも書いたように

 ヴァイオリンは正しい音程で弾くことが難しい楽器とされていますが

 バイオリンの音程の取り方は300年近い歴史の中で確立されていて

 バイオリンは正しい音程で弾くと美しい音を奏でる楽器であり

 計算のやり方を習ってから、計算を正しく行う練習をし

 文字の書き方を習ってから、文字を美しく書く練習をするように

 音程の取り方を習ってから、音階やエチュードや曲を練習しなければ

 バイオリンを正しい音程の美しい音で奏でることはできないのです。

にもかかわらず

 日本ではある理由からバイオリンの音程の取り方は音楽学校では教えないうえ

 日本から留学した学生の殆どが正しい音程の取り方を学べない事情もあるため

 プロや音大の先生までもがバイオリン本来の音程の取り方については不案内

 なのです。

そして

 以前の記事で書いたように

 ヴァイオリンの音程の取り方と称して手の形や加減を論じていたり

 ヴァイオリンの音程を取るのにチューナーやピアノを使っていたりするというのは

 譬えるに

 四則演算のやり方と称して鉛筆を持つ手の形や筆圧を論じていたり

 四則演算の計算法と称して電卓を使ったり計算結果の数表を眺めているのと同じで 

 それでは四則演算のやり方は学べない…というより教えていないように

 それではヴァイオリンの音程の取り方は学べない…というより教えていないのです。 

そこで

 そうしたことに気づかせないための手法が、これもまた以前の記事で書いたように 

 大量やまとまったエチュードを課して汲汲とさせる…というやり方で

 これは悪徳ヴァイオリン教師の常套手段なのです。

その結果

 学習者は弾いてひいて弾き捲らないと、それだけで怠けた気分になり

 学習者は弾いてひいて弾き捲れないと、何かやる気がない気分になり

 学習者は弾いてひいて弾き捲ることで、如何にも練習した気分になるのですが

 そんなことをしていてもそれっぽい演奏技術ならぬ演奏偽術しか身に付かないことや

 そんなことをしているのは他ならぬヴァイオリンごっこにしかならないということに

 気づかせない…というより、そうしたことを考える暇を与えないのです。

桐朋学園 子供のための音楽教室 子どものための音楽教室

そして

 大量のエチュードや課題に汲々とさせられた初心者は

 それが可笑しなことだとも思わずに

 それで可笑しなことが起きていることにも気づかずに

 只管に、弾いてひいて弾き捲るばかりなのです。

桐朋学園 子供のための音楽教室 子どものための音楽教室

そうした点では

 ヴァイオリンの学習とは名ばかりで、兎に角弾いてひいて弾き捲らせて

 その進捗ぶりを楽しませる〇ズキ・メソードといい

 ヴァイオリンの指導とは名ばかりで、兎に角弾いてひいて弾き捲らせて

 あとはブランド信仰任せのトホホ学園(仮名)の惨状はG大でも同様で

 いずれも兎に角弾いてひいて弾き捲らせて…という点は共通していることから

 いずれも同じ素晴らしいブランド(笑)なのだと思いました。

ですから

 トホホ学園(仮名)子供のための音楽教室であろうが〇ズキ・メソードであろうが

 トホホ学園(仮名)であろうが、さらにはG大であろうがG大附属高校であろうが

 ヴァイオリンの音程の取り方など知らず習わず教えられない先生と生徒の集団なため

 単に弾き捲るしかなく、音程が正しくなる日は永遠にやって来ないとともに

 正しい音程で弾くと美しい音を奏でる本当の演奏にも辿り着けないのです。

そして

 私がかつて師事した三郎先生(鷲見三郎先生)も

 「トホホ(仮名)には、かつての寺小屋のような小まめな指導は見られなくなって

  しまった」と数十年前に嘆かれていましたし

 私がかつて師事した四郎先生(鷲見四郎先生)に至っては 

 「トホホ(仮名)の教授連中に“音程(の取り方)を教えなければダメだ”と

 力説しているのに誰も耳を貸さず、中にはおせんべいを食べている者もいた(笑)」

 と数十年前に話されていましたが

 なにしろトホホ学園(仮名)だけのことはあって

 そうしたトホホぶりが伝統として継承されるだけではなく年々パワーアップしている

 のだと思います。

加えて

 トホホ学園(仮名)には三郎先生や四郎先生の直弟子も残っていてこの有り様なので

 三郎先生や、四郎先生の、弟子の弟子…などとなると、と思うとともに

 既述の集金システムは各地に有り、この記事で触れた総本山の弦楽科のヘッドの

 T巳女史は三郎先生の弟子であるということをプロフィールで謳っていますが

 三郎先生も四郎先生も生前、異常なまでにT巳女史に対してアレルギー反応を

 示されていたことの理由がようやくわかったような気がします。

けれども

 市井のヴァイオリン教室の多くが更に酷い指導を繰り広げているのですから

 それゆえトホホ学園(仮名)は腐っても鯛であり

 と同時にトホホ学園(仮名)は腐っている鯛なので

 そのように元から腐ってしまっているところに習いに行ったり

 そのように元々が腐ってしまっている学校の出身者に習っても仕方ないのですが

 信奉者にはそれが腐っているとはわからず

桐朋学園 子供のための音楽教室 子どものための音楽教室

 さらには、もはや身が無いことにすらさえ気づかないのです。

桐朋学園 子供のための音楽教室 子どものための音楽教室

であればこそ私は

 巷には、そのように本当にお気の毒な学習者が溢れているのだと思いつつ

 せめて、私の所の門を叩いた生徒さん方には

 私がかつて師事した三郎先生(鷲見三郎先生)や四郎先生(鷲見四郎先生)が

 指導されていらしたようなヴァイオリンの本当のレッスンをしなければ…と

 身の引き締まる思いがしました。

えっ?

 こんな記事を書いてしまったら「じゃあ、お前の指導はどうなんだ?」という

 反応が返ってくるのでは…と思われるかもしれませんが、一向に構いません。

桐朋学園 子供のための音楽教室 子どものための音楽教室

そして

 指導者ならびに演奏者の方へのレッスンのページにも書いたように 

 私の所には趣味で習う人達だけでなく、プロの演奏家や指導者の方々も通っていて

 そうした方々からもG大やトホホ学園(仮名)のトホホぶりを伺っているので

 それ故、いっその事G大やトホホ学園(仮名)の教授連中が習いに来れば

 嘗て三郎先生や四郎先生が行っていたヴァイオリンの本当のレッスンを学べるのに

 とまで思っている程です。 

と同時に

 トホホ学園(仮名)やG大やその他の学校の先生や出身者による

 結局は弾き捲らせるやり方ではなく、本当のヴァイオリンのレッスンを受けたい

 という方であれば、どなたでも歓迎します。


(下掲のボックスでブログ(サイト)内の検索ができます)

 

 

このブログの文章・画像・その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします

 指導