上手な鉄砲は撃てば必ず当たる あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法

本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)

(iPhoneなどで端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は

  画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます)

 イワモト ヴァイオリン教室のブログへようこそ。

 イワモト ヴァイオリン教室では
 専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも
 「正しい音程」 (正確音程
 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための
 基礎的な演奏技術を大切に指導
 一音いちおん丁寧に
 各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています

 ヴァイオリン本当に上手に弾けるようになりたい方は
 当教室バイオリンレッスンをぜひ受けてみてください。

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

最近

 プロ演奏者にモーツァルトの作品をレッスンしています

 ほんの少し跳躍が強調されてしまうとヴィヴァルディになってしまい

 ほんの少し高音が硬質になり過ぎるとヴィオッティ になってしまい

 ほんの少し音の末尾が停滞してるとハイドン   になってしまい

 ほんの少し楽句が流麗過ぎてしまうとメンデルスゾーンとなることに留意しつつ

 そこまで考えたうえで改めて楽譜に立ち返り楽譜通りに演奏して…という指導

 一音いちおん確認しながら行っています

といっても

 音楽史の分析のように類型化するのではなく

 跳躍でのわずかな不自然さを解消すべく、ポジション移動に気をつけるべき箇所や

 運弓でのわずかな力みなどを解消すべく、右手の動きやに気をつけるべき箇所や

 運指でのわずかなやり難さを解消すべく、運指の整合性等に気をつけるべき箇所や

 表現でのわずかなやり過ぎを解消すべく、ヴィブラート等に気をつけるべき箇所を

 一つひとつ具体的に説明し対処するレッスンを積み重ねています

と同時に

 全中で大体1~2種類ほど「あること」について提案し改良してもらうとともに

 全中で大体2~3種類ほど「あること」について訂正し改善してもらっています

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

また

 プロ演奏者にシューベルトの作品をレッスンしています

 ほんの少し余計な力みが生じただけでベートーヴェンになってしまい

 ほんの少し余計な淀みが生じただけでシューマン  になってしまい

 ほんの少し余計な重みが生じただけでブラームス  になってしまい

 ほんの少し余計な鋭さが生じただけでストラヴィンスキーと化すことに注意しつつ

 そこまで考えたうえで改めて楽譜に立ち返り楽譜通りに演奏して…という指導

 一音いちおん確認しながら行っています

といっても

 音楽評論家のそれのように抽象的なことを論じるのではなく

 わずかなアクセントも生じないように、運弓の具合に注意しなければならない箇所や

 わずかな遅れやズレが生じないように運指の具合に注意しなければならない箇所や

 わずかな音の膨らみも生じないように、音量の配分に注意しなければならない箇所や

 わずかな響きの硬さも生じないように響きの様子に注意しなければならない箇所を

 一つひとつ具体的に指摘し改善するレッスンを積み重ねています

と同時に

 全中で大体1~2箇所ほど「あること」について指摘し修正するとともに

 全中で大体3~4箇所ほど「あること」について議論し検討したりします。

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

また

 趣味で習っている人にプロコフィエフの作品をレッスンしています

 ある部分で少し運弓が不安定なので指摘し解決策や練習法を示したり

 ある部分で少し発音が不明瞭なので指摘し解決策や練習法を示したり

 ある部分で少し運指不安定なので指摘し解決策や練習法を示したり

 ある部分で少し表現が不適切なので指摘し解決策や練習法を示すといった指導

 一音いちおん確認しながら行っています

すると

 プロコフィエフが研究していた作家がハイドンであることを思わせる精緻さや

 プロコフィエフと僅かに共通項を感じるモーツァルトにも似た表現も現れますが、

 あくまでも楽譜に立脚して楽譜通りに演奏することを目指し続けています

と同時に

 各頁中で大体3~4箇所ほど「あること」について指摘し修正するとともに

 苦手な部分は4~6箇所ほど「あること」について指摘し対処法を示したりします。

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

また

 趣味で習っている人にイザイの無伴奏をレッスンしています

 ある部分であまりにも直截なので色合いを添える抑揚等を提案したり

 ある部分であまりにも鈍重なので軽妙さが生じる運指法を提案したり

 ある部分であまりにも硬質なので柔らかさを生む運弓法を提案したり

 ある部分であまりにも平板なので作品を踏まえた表現法を提案するといった指導

 一音いちおん確認しながら行っています

すると

 イザイがヴァイオリニストであったからこそ作できた作品の特徴とともに

 イザイがフランスとは異なるベルギーならではの想いを込めた表現も現れますが、

 あくまでも楽譜に立脚して楽譜通りに演奏することを目指し続けています

と同時に

 各頁中で大体2~3箇所ほど「あること」について指摘し修正するとともに

 苦手な部分は3~4箇所ほど「あること」について指摘し対処法を示したりします。

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

ということ

 プロの演奏者のレッスンで、モーツァルトやシューベルトとしての演奏ができるのも

 「あること」が修得されてることが前提であるからこそ可能で、かつそれを論辯し

 趣味で習っている人の指導で、プロコフィエフやイザイの作品がレッスンできるのも

 「あること」を習得していくことが前提であるからこそ可能で、かつそれを指摘する

 その「あること」とは何かといえば、それはヴァイオリン音程の取り方です

そしてそれは

 ヴァイオリンならではの音程の取り方がわかっているプロの演奏者であってもなお

 モーツァルトやシューベルトたらしめるには音程が重要な要素であることや、

 ヴァイオリンならではの音程の取り方さえ習えば趣味で習っている人であっても

 プロコフィエフやイザイといった素人ではあまり弾けないとされる難の数々も

 十二分に鑑賞に足る演奏が実現できることを示しています。

そうしたことから私は

 『文字の書き方も習わずに文章を綴る?

  あなたのヴァイオリンが上達しない決定的な理由』をはじめとする

 このブログの色々な記事で

 短歌、詩、随筆、小説…などと、何れにしても文学として書くためには

 日本語ならではの文字の書き方がわからなければ話にならないように

 小品、ソナタ、協奏…などと、何れにしても音楽として弾くためには

 ヴァイオリンならではの音程の取り方がわからなければ話にならないと

 書き続けています

ところが

 既述のように、文字の書き方も習わずに文章を綴っても仕方がないのと同じで

 バイオリンも、音程の取り方も習わずに演奏行っても仕方がないことなど

 誰が考えてもというより、考えるまでもなく当然なことなのですが、にもかかわらず

 文字の書き方も習わずに文学を語るかの如くに、音程の取り方も習わずに音楽を語る

 人達が居たりするのです

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

そして

 自らの演奏においてヴァイオリン音程が良くないという認識があるというのに

 左右他言(自分に都合の悪いことの話題をそらしてごまかすこと)よろしく

 音程だけ合っていても、響きが良くなければダメだ…ですとか

 音程だけ合っていても、音色が良くなければダメだ…ですとか、挙句の果てには

 音程だけ合っていても、音楽にならなければダメだ…などと言ったりするのです

けれども

 音程が合っている音は、響きが最大であるのがヴァイオリンという楽器の機構で

 音程が合っている音は、音色も最良であるのがヴァイオリンという楽器の特徴で

 音程が合っている音は、音楽の核心で、それを色々騙って問題から目を逸らすのは

 左右多言(自分に都合の悪いこと色々言ってごまかすこと)だと言えます。

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

 (因みに『左右他言』という言葉はありますが

  上記の『左右多言』という言葉は私の勝手な造語です

そして

 そんなことをしていても、何時まで経ってもヴァイオリン音程の取り方など学べず

 そんなことをしていては、何時まで経ってもヴァイオリン本当には上手に弾けず

 を弾き進めていたとしても、上達という観点では先に進めていないです

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

ところが

 それならキチンとヴァイオリンの音程の取り方を習いたい!と思って

 ヴァイオリン教室にレッスンを受けに行ってみたところで

 『「音程に気を付けて」という台詞の無意味さ ~その1~』で書いたように

 患者が症状を訴え苦しみ、そうしたことへの具体的な治療を求めても

 具合の悪い箇所を指摘するだけで、それに対する個別具体的な治療は施さず

 幾許かの能書きと「健康に気を付けて」でオシマイ…などということ

 有り得ないのに

 生徒が音程の悪さに苦しみ、そうしたことへの具体的な指導を求めても

 音程悪い箇所を指摘するだけで、それに対する個別具体的な指導は行わず

 幾許かの能書きと「音程に気を付けて」でオシマイ…などということ

 罷り通ってしまっているのです

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

しかも

 病気の場合

 個別の症状に具体的な治療を施さなければ、それは偽医者だと思われるのは

 個別の症状に具体的な治療を施せる医師が街中に沢山居るだけでなく

 もしも街中の医師で対応できなければ大学病院で治療を受けられますが

 ヴァイオリン指導では

 個別の音程に具体的な指導を施せなくても、それが偽教師だと思われないのは

 個別の音程に具体的な指導を施せる教師が街中に殆ど居ないだけではなく

 これが街中の教師だけではなく音楽大学でも指導できる先生が皆無という

 更に信じられない状況にあるのです

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

そしてこれも

 『文字の書き方も習わずに文章を綴る?

  あなたのヴァイオリンが上達しない決定的な理由』でも書いたように

 音楽大学というのは

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、入学試験を受け

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、定期試験を受け

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、卒業演奏をしただけのことです

 コンクールにしても

 要するに、弾いてひいて弾きまくって受けるための準備をし

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、予選を通過し

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、順位が付いただけのことです

 演奏活動にしても

 要するに、弾いてひいて弾きまくって練習をし

 要するに、弾いてひいて弾きまくって演奏をし

 要するに、弾いてひいて弾きまくって演奏活動をしているだけです

 指導団体にしても

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、推薦してもらい

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、加入して

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、偶に井戸端会議をしているだけで 

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

 医師や弁護士になるための専門的な勉強のような類のことは一切なく

 只管に弾いてひいて弾きまくることが求められ

 只管に弾いてひいて弾きまくることを経験し

 只管に弾いてひいて弾きまくるだけで専門的な勉強をしたと誤解しているだけで

 只管に弾いてひいて弾きまくって可笑しなことになっているのに気づかないです

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

そのため

 『“常識”≠“事実”

  あなたのヴァイオリン演奏が本当には上達しない5つの誤った情報

 で書いたように

 左手や右手やチューナーやピアノといった、音程の取り方それ以前の方法や

 開放弦の共鳴音などで音程取るといった、音程の取り方の部分的な方法

 歌うだの頭の中の音だの個性云々といった、音程の取り方が未修得ゆえの鼻元思案を

 ヴァイオリンの音程の取り方それ自体であるかの如くに解してしまっているのです

そして

 ヴァイオリンにはフレットが無いので、音程取るのが難しい…といったこと

 “常識”としての「共通認識」かもしれませんが、実はそれは音程の取り方知らない

 ために生まれた「思い込み」としての幻想で、響き音程確定できるというのが

 “事実”で、響き聴いて総ての音程確定でき、フレットが無いからこそ正しい

 音程が取れる…などとは思われていないです

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

それに対して

 既出の

 『文字の書き方も習わずに文章を綴る?

  あなたのヴァイオリンが上達しない決定的な理由』の記事中で掲げたように

 ヴァイオリンの音程の取り方というものを知らない際には

 正しい音程を取りたい=電気を取りたいとプラグを手にしても

 正しい音程が判らない=コンセントの場所が判らないような状態で

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

 壁だけで彷徨っていたのが

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

 ヴァイオリン音程の取り方というものがわかる

 コンセントが何処か判るようになり=正しい音程が何か判り

 コンセントに差し込めるようになる=正しい音程響きでピタリと確定できる

 ようになれるのです

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

そして

 音程の取り方も学ばずに彷徨いながらヴァイオリンを弾く有様は

 「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」状態であるのに対して

 音程の取り方を学んで響き音程をピタリと確定しながら弾く有様は

 「上手な鉄砲は撃てば必ず当たる」状態で、そうすることで冒頭既述のように

 プロ演奏者においても、モーツァルトやシューベルトとしての演奏ができたり

 趣味で習っている人でも、プロコフィエフやイザイが演奏できるようになるのです

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

 (因みに「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」という諺はありますが

  上記の「上手な鉄砲は撃てば必ず当たる」は私の勝手な創作です

けれども

 ふと気づいてみれば、ヴァイオリンの音程の取り方という根本的な部分において

 単音における音程の取り方の最低限のルールの一覧を掲げているのが

 Scales by Simon Fischer(サイモン・フィッシャー/スケールズ)であり

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

 重音における音程の取り方の最低限のルールである[差音]を掲げているのが

 Double Stops by Simon Fischer(サイモン・フィッシャー/ダブル ストップス)

 であり

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

 そこに記載されている音程の取り方練習方法の数々は新機軸なやり方などではなく

 ヴァイオリンの伝統的なレッスンの現場では昔から行われてきたやり方でしかない

 にもかかわらず、それが上記のように出版物としてまとめられ刊行されたのが

 前者は2012年で

 後者は2016年でしかないことを思うとき、それらの出版物さえ知らない指導者

 うじゃうじゃ居る日本のヴァイオリン指導の現場では、今後も銃が乱射されまくる

 かの如くに、音程の取り方もわからないまま弾きまくられるのかもしれません。

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

何れにせよ

 既述のようにヴァイオリン音程が合っていると美しい音がよく響くことから

 あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法

 ヴァイオリン音程の取り方学び

 ヴァイオリンヴァイオリンとして響かせることなのです

あなたのヴァイオリン演奏が絶対・確実に上達するための唯一の方法 それはヴァイオリンの音程の取り方を学び そしてヴァイオリンをヴァイオリンとして響かせることなのです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

であればこそ

 私のサイトのレッスン形態 教室の場所 空き状況のページにも

 そうした音程取る際には響きを求めるので、

 運指左指)とともに運弓(右手)の技術必要

 そうした音程を探究する訓練こそが、

 ヴァイオリン演奏技術の根幹を成すものだといえます。

と掲げるとともに

 趣味で習う一般の方だけでなく、専門家を目指す方や

 音大生 演奏者 指導者の方へのレッスンにおいても

 既述のような音程の取り方も含めて、伝統に則り

 「正しい音程」 (正確な音程)

 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための

 基礎的な演奏技術を大切に指導

 一音いちおん丁寧に各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています

 

 そして

 一音いちおん着実に習得していくことは決して大変ではなく

 むしろ過度な練習や特訓は不要になり

 正しいリズムにより躍動感と豊かな表現も得られるとともに

 ヴァイオリンを奏でる本当の楽しみのページにも書いたように

 今まで弾いていた曲は勿論、今まで弾きたいと思っていた作品の数々も

 正しい音程の美しい響きで、無理なく安定して弾けるようになります。

 

 ヴァイオリン本当に上手に弾けるようになりたい方は

 当教室バイオリンレッスンをぜひ受けてみてください。

と掲げています


(下掲のボックスでブログ(サイト)内の検索ができます)

 

 

このブログの文章・画像・その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします

 指導