ヴァイオリンの右手(運弓)の技術の確認 ティッシュボックス

本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)

(iPhoneなどで端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は

  画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます)

 イワモト ヴァイオリン教室のブログへようこそ。

 イワモト ヴァイオリン教室では
 専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも
 「正しい音程」 (正確音程
 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための
 基礎的な演奏技術を大切に指導
 一音いちおん丁寧に
 各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています

 ヴァイオリン本当に上手に弾けるようになりたい方は
 当教室バイオリンレッスンをぜひ受けてみてください。

ヴァイオリンの右手(運弓)の技術が正しいかどうかは、ティッシュボックスで確認できるのです。バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室

言うまでもありませんが

 ヴァイオリンの左手(運指)の技術の最たる目的は何かと言えば

 ヴァイオリンにおいて正しい音程取ることであり

 ヴァイオリンにおける正しい音程とは、このブログで何度も書いている

 「線香花火の音がする音程」であり

ヴァイオリンの右手(運弓)の技術が正しいかどうかは、ティッシュボックスで確認できるのです。バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室

 『ヴァイオリンの「弦の寿命」と「正しい音程」“線香花火音感”の正体』で書いた

 「よく響くポイント」としての[壺]を探し求め続けることだと言えます。

ヴァイオリンの右手(運弓)の技術が正しいかどうかは、ティッシュボックスで確認できるのです。バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室

そして

 『『学問に王道あり』

  ヴァイオリンの練習と演奏における「近道」と「正統」』で書いたように

 ヴァイオリンの音程の正しい取り方として、よく響くポイントを探す指導と練習が

 ヴァイオリン演奏を、上達させるための「近道」としての「王道」という意味でも

 ヴァイオリン演奏を、確実なものとする「正統」としての「王道」という意味でも

 ヴァイオリン練習演奏における

 『学問に王道あり』となるのです

ヴァイオリンの右手(運弓)の技術が正しいかどうかは、ティッシュボックスで確認できるのです。バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室

にもかかわらず

 やれ、チューナーを使って…ですとか

 やれ、ピアノを叩いてみて…ですとか

 やれ、歌ってみる…ですとか

 やれ、頭の中の音…ですとか

 さらには、主音からの音程ですとか

 あるいは、開放弦から興す…ですとか

 はては、純正律がどうこう…ですとか

 さらに、ピタゴラス音律が…などと宣っているだけの者も居たりしますが

 そんなことを宣われてみたところで、何の役にも立たないのです

ヴァイオリンの右手(運弓)の技術が正しいかどうかは、ティッシュボックスで確認できるのです。バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室

また

 ヴァイオリン正しい音程で弾くと美しい音で響くにもかかわらず

 ヴァイオリン音程が正しくてもしょぼい音では仕方ない…などというのは

 ヴァイオリン音程は正しく取れるとよく響くこと知らない者の戯言です(笑)

さらに

 ヴァイオリン正しい音程が取れると美しい音が響くことや、そうした音に対して

 「そうそう、天麩羅を揚げているような音が(微かに)聞こえますね」と言ったり

 「そうそう、線香花火の音が(微かに)聞こえますね」と言うことについて

 ヴァイオリンそうした正しいレッスン受けことのない者のなかには

 正しい音程が取れた際に天麩羅を揚げているような音が微かに聞こえる=潰れた音

 正しい音程を選ぶ際に微かに線香花火のような音が聞こえる中から選ぶ=濁った音

 などと誤想し解する者まで居たりするのです(笑)

ヴァイオリンの右手(運弓)の技術が正しいかどうかは、ティッシュボックスで確認できるのです。バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室

ということ

 ヴァイオリン正しい音程が取れると美しい音で響く楽器なのです

 そのためには右手(運弓)の技術も欠かせません。

これに関しては

 当教室でも様々なアプローチや色々な教材を用いていますが

 主な使用教材のページで掲げた

 THE DOUNIS COLLECTION(ザ・ドゥニース・コレクション)においては

 http://www1.ttcn.ne.jp/~paga252/dounis.htm

ヴァイオリンの右手(運弓)の技術が正しいかどうかは、ティッシュボックスで確認できるのです。バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室

 『右手の教材における点字ブロック?!

  ヴァイオリンの運弓(ボーイング ボウイング)の改善』で書いたアプローチを

 付加した課題を初心者~上級者にレッスン毎に行うとともに

 更に高度な課題を付加し上級者にレッスンしています。

ヴァイオリンの右手(運弓)の技術が正しいかどうかは、ティッシュボックスで確認できるのです。バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室

そしてその

 ヴァイオリン右手(運弓)の技術の最たる目的は何かと言えば

 ヴァイオリンに対して最大の響きを与えることであり

 弦の振動を最大限引き出し、弦の振動の減衰を最小限にすることですが、

 そのためには

 [弓の弦に対する圧力の力加減]

 [弓の竿に対する右手の力加減]が重要となります。

前者の

 [弓の弦に対する圧力の力加減]について

 かの歴史的名教師の三郎先生(私達門弟は、鷲見三郎先生のことを、今でも尊敬を込

 めてこうお呼びします)は「弓を弦の上で引きずるように」と仰っていました。

(これについては

 『[差音]と[加音](さらに正確に調弦を行うために)』の記事中でも掲げた

 『鷲見三郎/ヴァイオリンのおけいこ』のなか(P.29))では「引っぱる」と

 書かれていますが、これは編集側が「引きずる」を書き換えたものだと思います)

ヴァイオリンの右手(運弓)の技術が正しいかどうかは、ティッシュボックスで確認できるのです。バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室

また後者の

 [弓の竿に対する右手の力加減]については

 かの歴史的名教師の四郎先生(私達門弟は、鷲見四郎先生のことを、今でも尊敬を込

 めてこうお呼びします)は「弓の振動を常に指で感じること」と仰っていました。

(これについては、例えば

 弓が落ちない最低限の力で弓のスクリュー部分をこのように持って

 G線を開放弦でフォルテで弾きます。

ヴァイオリンの右手(運弓)の技術が正しいかどうかは、ティッシュボックスで確認できるのです。バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室

 すると

 弓をつまんでいる指に振動が感じられますが

 その2本の指に感じている振動を

 2本の指ではない通常の持ち方でも、他の総ての指において感じられるように

 必ずしもフォルテではない音量でも、他の総ての弦と音でも感じられるように

 常に留意しながら弾きます。)

そしてその両者を踏まえて

 かのパガニーニが「ステッキの頭部に結ばれたハンカチーフ」のような柔軟性が

 左手に対して必要だと説いていますが、これは右手についても言えることであり、

 かのシェリングさんも、こちらの記事でお会いした機会には、実際にはあり得ない

 ことだと前置きしたうえで「ヴァイオリンの上で弓が勝手に動いている。けれども

 それでは自分が演奏していることにならないので、申し訳ないけれども、弓に手を

 添えさせてもらう。」(笑)という言い方をされていました。

ということで理想の運弓は

 弦上を引きずりつつ、総ての右手の指に振動を感じつつ、柔軟に動かし

 弦上を動いている弓に右手を添えるように弾く…ということにはなるものの、

 それが実際にできているのかどうか?ということについては

 必ずしも明確に確認・実感することは難しいと思います

ところが

 それを明確に確認・実感できる簡単な方法があり、そのために使える身近なものが

 ティッシュボックスなのです

ヴァイオリンの右手(運弓)の技術が正しいかどうかは、ティッシュボックスで確認できるのです。バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室

と書いただけでは意味不明なので手順を書くと

 1.ティッシュボックスから出ているティッシュに

 弓を持つのと同じ指ので指を添えたのでは、ティッシュがすり抜けてしまうので

 弓を持つのとはその点では多少異なるものの、ティッシュがすり抜けてしまわない

 程度にだけ指でティッシュをつまむ

 2.ティッシュボックスから出ているティッシュを

 一枚だけ引き抜こうとする…って、誰でも引き抜けるに決まっています(笑)

ヴァイオリンの右手(運弓)の技術が正しいかどうかは、ティッシュボックスで確認できるのです。バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室

ところが

 理想の運弓の力加減では、そのようにティッシュを引き抜けてしまってはダメで

ヴァイオリンの右手(運弓)の技術が正しいかどうかは、ティッシュボックスで確認できるのです。バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室

 理想の運弓の力加減では、かなり頑張ったとしても、ティッシュボックスから

 ティッシュを引きぬくことはできないのです

ヴァイオリンの右手(運弓)の技術が正しいかどうかは、ティッシュボックスで確認できるのです。バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室

そして

 ティッシュをつまむにはつまんでも

 ティッシュをティッシュボックスから引き抜けない…引き抜けたとしても

 こんなにティッシュを引き抜くのが大変なの?

 こんなにティッシュは一枚でも粘りがあるの?

 そう感じることができたのなら、その力加減こそが正しい運弓、すなわち

 弦の振動を最大限引き出し、弦の振動の減衰を最小限にできていると言えるのです

ヴァイオリンの右手(運弓)の技術が正しいかどうかは、ティッシュボックスで確認できるのです。バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室

えっ?

 そんなに弱い力の運弓では、小さな音しか出ないのでは?

 いいえ、そんなことはありません。

何故なら

 そもそもヴァイオリンは擦弦楽器とは言うものの、擦るものではなく響かせるもので

 さらにはヴァイオリン正しい音程で弾くと、美しい音でよく響く楽器だからです

そして

 もし仮にヴァイオリンは怪力で弾かないと大きな音が出ない…ということになったら

 背後に同じヴァイオリン奏者だけでも何十人も居て、さらに管楽器や打楽器まで居る

 オーケストラの伴奏でヴァイオリン協奏曲を演奏会場で披露できるのは、大男かプロ

 レスラーだけ…ということになってしまいます(笑)

さらには

 擦るのではなく響かせる楽器であればこそ、その音は芳醇なものとなるのであって

 力を入れて擦ったりしていたのでは、一定の広さのホールでの演奏において、

 客席の隅々にまで音を届けることは到底できないのです

どうですか?

 ヴァイオリン左手運指)の技術の最たる目的である

 ヴァイオリンにおける正しい音程を選び取るためには

 ヴァイオリン正しい音程で弾き美しい音で響かせるレッスン必要です

と同時に

 ヴァイオリン右手(運弓)の技術の最たる目的である

 ヴァイオリンに対して最大の響きを与えるためには

 弦の振動を最大限引き出し、弦の振動の減衰を最小限にするレッスン必要です

そして

 この両方ともに留意するレッスン受ける…というよりも

 レッスンではこの両方ともに留意し続けること

 ヴァイオリン正しい音程の美しい音で響かせることができるようになり

 ヴァイオリン正しい音程の美しい音で弾けるようになるのです

にもかかわらず

 私のサイトのレッスン形態 教室の場所 空き状況のページの

 レッスン方針の記載のように

 ヴァイオリンの音程の取り方は学べない…というより習えていない

 状況にあるのは

 日本ではある理由からバイオリン音程の取り方音楽学校では教えないうえ

 日本から留学した学生の殆どが正しい音程の取り方を学べない事情もあるからです。

 そのため

 ブログの記事の『文字の書き方も習わずに文章を綴る?

 あなたのヴァイオリンが上達しない決定的な理由』でも書いたように

 プロや音大の先生までもがバイオリン本来の音程の取り方については不案内で

 歴史的に確立されている音程の取り方を教える教室は殆どありません。

 さらに

 バイオリン重音音程取る際の[差音]は理屈や必要性が説かれるだけで

 それを聴き取る具体的なレッスンしている教室は全くと言っていいほど

 ありません。

 けれども

 そうした音程取る際には響きを求めるので、

 運指左指)とともに運弓(右手)の技術必要

 そうした音程を探究する訓練こそが、

 ヴァイオリン演奏技術の根幹を成すものだといえます。

 

 そうしたことから当教室では

 趣味で習う一般の方だけでなく、専門家を目指す方や

 音大生 演奏者 指導者の方へのレッスンにおいても

 既述のような音程の取り方も含めて、伝統に則り

 「正しい音程」 (正確な音程)

 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための

 基礎的な演奏技術を大切に指導

 一音いちおん丁寧に各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています

 

 そして

 一音いちおん着実に習得していくことは決して大変ではなく

 むしろ過度な練習や特訓は不要になり

 正しいリズムにより躍動感と豊かな表現も得られるとともに

 ヴァイオリンを奏でる本当の楽しみのページにも書いたように

 今まで弾いていた曲は勿論、今まで弾きたいと思っていた作品の数々も

 正しい音程の美しい響きで、無理なく安定して弾けるようになります。

ヴァイオリンを正しい音程の美しい音で響かせながら弾けるように

なりたい方は、当教室のバイオリンのレッスンをぜひ受けてみてください。


(下掲のボックスでブログ(サイト)内の検索ができます)

 

 

このブログの文章・画像・その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします

 指導