ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?

本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)

(iPhoneなどで端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は

  画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます)

 イワモト ヴァイオリン教室のブログへようこそ。

 イワモト ヴァイオリン教室では
 専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも
 「正しい音程」 (正確音程
 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための
 基礎的な演奏技術を大切に指導
 一音いちおん丁寧に
 各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています

 ヴァイオリン本当に上手に弾けるようになりたい方は
 当教室バイオリンレッスンをぜひ受けてみてください。

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

私は

 『文字の書き方も習わずに文章を綴る?

  あなたのヴァイオリンが上達しない決定的な理由』をはじめとする

 このブログの色々な記事で

 短歌、詩、随筆、小説…などと、何れにしても文学として書くためには

 日本語ならではの文字の書き方がわからなければ話にならないように

 小品、ソナタ、協奏…などと、何れにしても音楽として弾くためには

 ヴァイオリンならではの音程の取り方がわからなければ話にならないと

 書き続けています

ところが

 既述のように、文字の書き方も習わずに文章を綴っても仕方がないのと同じで

 バイオリンも、音程の取り方も習わずに演奏行っても仕方がないことなど

 誰が考えてもというより、考えるまでもなく当然なことなのですが、にもかかわらず

 文字の書き方も習わずに文学を語るかの如くに、音程の取り方も習わずに音楽を語る

 人達が居たりするのです

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

そして

 『上手な鉄砲は撃てば必ず当たる あなたのヴァイオリン演奏が

  絶対・確実に上達するための唯一の方法』で書いたように

 自らの演奏においてヴァイオリンの音程が良くないという認識があるというのに

 左右他言(自分に都合の悪いことの話題をそらしてごまかすこと)よろしく

 音程だけ合っていても、響きが良くなければダメだ…ですとか

 音程だけ合っていても、音色が良くなければダメだ…ですとか、挙句の果てには

 音程だけ合っていても、音楽にならなければダメだ…などと言ったりするのです

けれども

 音程が合っている音は、響きが最大であるのがヴァイオリンという楽器の機構で

 音程が合っている音は、音色も最良であるのがヴァイオリンという楽器の特徴で

 音程が合っている音は、音楽の核心で、それを色々騙って問題から目を逸らすのは

 左右多言(自分に都合の悪いこと色々言ってごまかすこと)だと言えます。

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

 (因みに『左右他言』という言葉はありますが

  上記の『左右多言』という言葉は私の勝手な造語です

そして

 そんなことをしていても、何時まで経ってもヴァイオリン音程の取り方など学べず

 そんなことをしていては、何時まで経ってもヴァイオリン本当には上手に弾けず

 を弾き進めていたとしても、上達という観点では先には進めていないです

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

ですから

 『弾き進めることが上達ではない

  あなたがヴァイオリンの上達について勘違いしていること』で書いたように

 どうしてそのように音程の取り方も知らずわからず習わずに

 弾いてひいて弾きまくり続けているのだろう?と不思議で仕方がありませんし

 弾いてひいて弾きまくり続けてを弾き進めれば、それが上達だと勘違いしていたり

 もしかすると弾きまくり続けることそれ自体が楽しいのかもしれませんが(笑)

 そんなことをしていても、それでヴァイオリン上達する筈もありません。

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

ということ

 ヴァイオリン音程が合ってはいないことがわかっているのに左右他言したり

 ヴァイオリン音程が合っていると良く響くとわかっていても左右多言するばかりで

 ヴァイオリン音程が悪いというのにヴァイオリン音程の取り方を習わない人達が

 大勢居るのは何故なのか?ということがわからず、私は長年考え続けて居ました。

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

そして

 その理由としては大きく分けて2つあるとともに

 その理由の1つめの問題が顕在化したりしないのは2つめの問題が原因であり

 その理由の1つめの問題よりもはるかに大きいのが2つめの問題であること

 わかってきました。

まず

 ヴァイオリン音程が合ってはいないことがわかっているのに左右他言したり

 ヴァイオリン音程が合っていると良く響くとわかっていても左右多言するばかりで

 ヴァイオリン音程が悪いというのにヴァイオリン音程の取り方を習わない人達が

 大勢居る理由の1つめは、ヴァイオリン音程の取り方習えないことです

事実

 キチンとヴァイオリンの音程の取り方を習いたい!と思って

 ヴァイオリン教室にレッスンを受けに行ってみたところで

 『「音程に気を付けて」という台詞の無意味さ ~その1~』で書いたように

 患者が症状を訴え苦しみ、そうしたことへの具体的な治療を求めても

 具合の悪い箇所を指摘するだけで、それに対する個別具体的な治療は施さず

 幾許かの能書きと「健康に気を付けて」でオシマイ…などということ

 有り得ないのに

 生徒が音程の悪さに苦しみ、そうしたことへの具体的な指導を求めても

 音程悪い箇所を指摘するだけで、それに対する個別具体的な指導は行わず

 幾許かの能書きと「音程に気を付けて」でオシマイ…などということ

 罷り通ってしまっています

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

しかも

 病気の場合

 個別の症状に具体的な治療を施さなければ、それは偽医者だと思われるのは

 個別の症状に具体的な治療を施せる医師が街中に沢山居るだけでなく

 もしも街中の医師で対応できなければ大学病院で治療を受けられるからですが、

 ヴァイオリン指導では

 個別の音程に具体的な指導を施せなくても、それが偽教師だと思われないのは

 個別の音程に具体的な指導を施せる教師が街中に殆ど居ないだけではなく

 これが街中の教師だけではなく音楽大学でも指導できる先生が皆無という

 更に信じられない状況にあるからなのです

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

そしてこれも

 『文字の書き方も習わずに文章を綴る?

  あなたのヴァイオリンが上達しない決定的な理由』でも書いたように

 音楽大学というのは

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、入学試験を受け

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、定期試験を受け

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、卒業演奏をしただけのことです

 コンクールにしても

 要するに、弾いてひいて弾きまくって受けるための準備をし

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、予選を通過し

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、順位が付いただけのことです

 演奏活動にしても

 要するに、弾いてひいて弾きまくって練習をし

 要するに、弾いてひいて弾きまくって演奏をし

 要するに、弾いてひいて弾きまくって演奏活動をしているだけです

 指導団体にしても

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、推薦してもらい

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、加入して

 要するに、弾いてひいて弾きまくって、偶に井戸端会議をしているだけで

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

 医師や弁護士になるための専門的な勉強のような類のことは一切なく

 只管に弾いてひいて弾きまくることが求められ

 只管に弾いてひいて弾きまくることを経験し

 只管に弾いてひいて弾きまくるだけで専門的な勉強をしたと誤解しているだけで

 只管に弾いてひいて弾きまくって可笑しなことになっているのに気づかないです

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

そして

 私のサイトのヴァイオリンの音程の取り方で掲げたような最低限のルールさえ

 知らずわからず習わないというより、見たことも聞いたこともない人達ばかりで

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室
ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

 例えば

 『お好み焼きソース≠ウスターソース

  ヴァイオリンにおける[ド]と[ド]の音程の違い』で書いた

 ト長調の[ド]とト短調の[ド]の違いなどわからない人だらけなのです。

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

そのため

 『“常識”≠“事実” あなたのヴァイオリン演奏が

  本当には上達しない5つの誤った情報で書いたように

 左手や右手やチューナーやピアノといった、音程の取り方それ以前の方法や

 開放弦の共鳴音などで音程を取るといった、音程の取り方の部分的な方法

 歌うだの頭の中の音だの個性云々といった、音程の取り方が未修得ゆえの鼻元思案を

 ヴァイオリン音程の取り方それ自体であるかの如くに解してしまっているのです

そして

 ヴァイオリンにはフレットが無いので、音程取るのが難しい…といったこと

 “常識”としての「共通認識」かもしれませんが、実はそれは音程の取り方知らない

 ために生まれた「思い込み」としての幻想で、響き音程確定できるというのが

 “事実”で、響き聴いて総ての音程確定でき、フレットが無いからこそ正しい

 音程が取れる…などとは思われていないです

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

けれども

 私のサイトのヴァイオリンの音程の取り方のページにも書いたように 

 ヴァイオリンは正しい音程で弾くことが難しい楽器とされていますが

 バイオリンの音程の取り方は300年近い歴史の中で確立されていて

 バイオリン正しい音程で弾くと美しい音を奏でる楽器であることから、

 ヴァイオリン本当には正しい音程で弾けていないということはすなわち

 ヴァイオリン本当には美しい音では奏でられていないこと意味し、

 それではヴァイオリン本当には上達しないことにも直結してしまいます

ということ

 ヴァイオリン音程が合ってはいないことがわかっているのに左右他言したり

 ヴァイオリン音程が合っていると良く響くとわかっていても左右多言するばかりで

 ヴァイオリン音程が悪いというのにヴァイオリン音程の取り方を習わない人達が

 大勢居る理由の1つめは、ヴァイオリン音程の取り方習えないからですが、

 既述のように

 そうした理由の1つめの、ヴァイオリン音程の取り方習えないという問題よりも

 はるかに大きい2つめの問題とは、ヴァイオリン上達したいのに上達したくない

 人達が大勢居ることです

と書くと

 「上達したいのに上達したくない、という記述は文章として矛盾しているですとか

 「上達したくないなどという人は、居ない」という声が聞こえて来そうです

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

 けれども本当

 ヴァイオリン上達したいのに上達したくない人達が居る…というよりも

 ヴァイオリン上達したいのに上達したくない人達が大勢居る…でもなく

 ヴァイオリン上達したいのに上達したくない人達だらけ…なのです

では

 ヴァイオリン上達したいのに上達したくないとは、どういうことか?

 ヴァイオリン上達したいのに上達したくない人とは、どういう人か?といえば

 それは既述のように

 ヴァイオリン音程が合ってはいないことがわかっているのに左右他言したり

 ヴァイオリン音程が合っていると良く響くとわかっていても左右多言するばかりで

 ヴァイオリン音程が悪いというのにヴァイオリン音程の取り方を習わない人達

 のことです

ところが

 ヴァイオリン音程の取り方が習えず左右他言し左右多言する人達が居るうえに

 ヴァイオリン上達したいのに上達したくない人達も居る

 と書いておいて

 ヴァイオリン上達したいのに上達したくない人達というのはどういう人かといえば

 ヴァイオリン音程の取り方が習えず左右他言し左右多言しているような人達だ

 と書いたのでは、それではまるで

 「床屋は何処?」 と訊かれて「そば屋の隣」と答え

 「そば屋は何処?」と訊くと 「床屋の隣」 と答えているようなもので

 説明になっていないように思われるかもしれません。

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

けれども

 ヴァイオリン音程について学ばないような人達が左右他言し左右多言しているので

 ヴァイオリン音程について学べないという既述のような問題が顕在化しない

 とともに

 ヴァイオリン音程について学ばないような人達は本当意味では上達できないので

 ヴァイオリン音程について学べない代わりに色々左右他言し左右多言している

 という点ではまさに

 床屋の隣にそば屋があって、そば屋の隣に床屋がある状態だと言えます。

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

そして

 ヴァイオリン上達したいのに上達したくない人達とは、音程を学ばない人なので

 そのように音程の取り方を学ばないが故に、ヴァイオリン音程がいつまでも悪く

 そのように音程悪いままではいつまでも、ヴァイオリン本当には上達しないと

 わかっているにもかかわらず、音程以外で何かしら上達と思える事柄を探し出して

 それによってヴァイオリン上達していると言い換え、結局は音程を学ばずに過ごし

 いつまでも音程悪いという厳然たる事実に対しては、現実逃避を続けるために

 見て見ぬふりをし、耳にしないように、口にしないようにしているです

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

加えて

 『真実の鏡』で書いたように

 今では多くの人達が日々使っているICレコーダーやスマートフォンで

 自らの演奏、それも複雑で難しい曲ではなく単純で易しい曲…ですらさえなく

 例えば音階、それも一つの調や一段ではなく一小節か数音でも録音してみるだけで

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

 自分が習っているヴァイオリンのレッスンは正しいものなのか?

 自分が受けているヴァイオリンのレッスンは実はヴァイオリンごっこなのか?

 ということが立ち所に白日のもとに晒され

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

 どこまでも音程悪いという確固たる事実が明らかになります。

そして

 既述のようにを弾き進めていたとしても、上達という観点では先にはめておらず

 そのようなヴァイオリンごっこではヴァイオリン本当には上達できない原因

 ヴァイオリン音程の取り方習えていないからだ…とわかってもなお

 上達していないという問題点が存在しないかのように、見て見ぬふりをし

 上達していないという問題点が聞こえないかのように、耳にしないように

 上達していないという問題点は先生のせいだなどとは、決して口にしないのです

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

そのため

 音程の取り方習えないから本当には上達できないことがわかっているのに

 上達しないのは、ヴァイオリン練習が足りていないから…ですとか

 上達しないのは、ヴァイオリンの才能が自分に無いからだ…ですとか

 上達しないのは、ヴァイオリンというものが難しいからだ…などと自らを偽りながら

 悲歌を歌い続けていたら、悲歌を歌うこと自体が喜びになってしまったかの如くに

 下手に弾き続けていたら、下手に弾くこと自体が喜びになってしまったかの如き

 日々を送り続けてしまっているのです

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

たった一度しかない人生で

 せっかく好きで習い始めたヴァイオリンが、そんなことでいいんですか?

 せっかく好きで弾いているヴァイオリンが、そんなことでいいんですか?

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

では

 どうすればヴァイオリン本当上達できるのか?といえば

 それはヴァイオリン本当意味での音程の取り方を習う

 つまりヴァイオリン本当意味での基礎を補い、習い、復習うことですが、

 にもかかわらず音程に対して既述のように左右他言したり左右多言されていたら

 それではヴァイオリンが本当に上達できる筈もありません。

そして

 これもまた『真実の鏡』で書いたように

 基礎の不足は、スピリチュアルではない指導においてのみ補えるのであり

 その指導が、はたしてスピリチュアルであるか否かは

 シールやチューナーやピアノCDではなくヴァイオリン響きこそを聴き

 指幅、全音、半音などではないヴァイオリンならではの音程の取り方

 一音いちおん具体的に指導してもらえているかどうかという一点において

 見破ることができるのです

ヴァイオリンが上達したいのに上達したくない人達?それはヴァイオリンの音程が良くないとわかっているのに左右他言するばかりで、ヴァイオリンの音程の取り方を学ぼうとしない人達のことです。ヴァイオリンレッスン バイオリン教室

であればこそ

 私のサイトのレッスン形態 教室の場所 空き状況のページにも

 そうした音程取る際には響きを求めるので、

 運指左指)とともに運弓(右手)の技術必要

 そうした音程を探究する訓練こそが、

 ヴァイオリン演奏技術の根幹を成すものだといえます。

と掲げるとともに

 趣味で習う一般の方だけでなく、専門家を目指す方や

 音大生 演奏者 指導者の方へのレッスンにおいても

 既述のような音程の取り方も含めて、伝統に則り

 「正しい音程」 (正確な音程)

 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための

 基礎的な演奏技術を大切に指導

 一音いちおん丁寧に各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています

 

 そして

 一音いちおん着実に習得していくことは決して大変ではなく

 むしろ過度な練習や特訓は不要になり

 正しいリズムにより躍動感と豊かな表現も得られるとともに

 ヴァイオリンを奏でる本当の楽しみのページにも書いたように

 今まで弾いていた曲は勿論、今まで弾きたいと思っていた作品の数々も

 正しい音程の美しい響きで、無理なく安定して弾けるようになります。

 

 ヴァイオリン本当に上手に弾けるようになりたい方は

 当教室バイオリンレッスンをぜひ受けてみてください。

と掲げています


(下掲のボックスでブログ(サイト)内の検索ができます)

 

 

このブログの文章・画像・その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします

 指導