もはや仙人(笑)? プロも習いに来るヴァイオリンレッスン

本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)

(iPhoneなどで端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は

  画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます)

 イワモト ヴァイオリン教室のブログへようこそ。

 イワモト ヴァイオリン教室では
 専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも
 「正しい音程」 (正確な音程)
 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための
 基礎的な演奏技術を大切に指導し
 一音いちおん丁寧に
 各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています。

 ヴァイオリンが本当に上手に弾けるようになりたい方は
 当教室のバイオリンのレッスンをぜひ受けてみてください。

プロも習いに来るヴァイオリンレッスン バイオリン教室

以前の記事や私のプロフィールで書いたように

 私も若い頃には収録や演奏会に追われ続け、連日のように渡される譜面の山と格闘し

 多数の演目を只管に復習いまくっていましたが、そのように演奏に追われるだけでは

 駄目だと気づき、教えを請うことができた名教師や名演奏者の方々の指導の数々には

 今でも感謝しています。

そして

 そのように教えを請うことができた歴史的名教師の鷲見三郎先生と鷲見四郎先生は、

 世の専門家から「バイオリンでわからないことがあれば鷲見先生に訊け」とまで

 評されていましたが、その両先生から「知識は岩本さんがうえ」と仰っていただけた

 こともあってか、天才ヴァイオリニストにして作曲家でいらした玉木宏樹氏もまた

 「岩本さんは無類の博覧強記」と仰られていました。

プロも習いに来るヴァイオリンレッスン バイオリン教室

そうしたことに加えて

 私のヴァイオリンの教室では、一般の方々へのレッスンだけではなく

 『音大生 演奏者 指導者の方へのレッスン』も行なっていて

 上記ページに書いた守秘義務の徹底と十二分な配慮が安心材料になっているようで

 音大生(ただし上記により、どちらの学校の方なのかについては書きません

 演奏者(ただし上記により、どういう立場の方なのかについては書きません)

 指導者(ただし上記により、どういう立場の方なのかについては書きません)などの

 いわゆる誰もが玄人と看做す方々もレッスンを受けに来ていただいています。

その際

 既述のように、収録や演奏会に追われ続けた経験や、名教師や名演奏者の方々から

 教えていただいたことなどが、上記のような方々のレッスンに活かせているとともに

 既述のように「バイオリンでわからないことがあれば鷲見先生に訊け」と評された

 鷲見先生をして「知識は岩本さんがうえ」とまで仰っていただけたということもあり

 いわゆる誰もがプロと看做す方々でさえもが初めて聞く話もあることに驚かれ

 私を仙人の如くに評する方まで居ますが、私は山奥には住んでいません(笑)

プロも習いに来るヴァイオリンレッスン バイオリン教室

というのは冗談としても

 そうしたいわゆるプロの方々も、あるいは一般の学習者の方々にしても

 自らの置かれている演奏状況や、あるいは自らの受けているレッスンに

 何らかの疑問を感じ、そうしたことが切っ掛けで私の教室に習いに来ています。

プロも習いに来るヴァイオリンレッスン バイオリン教室

そして

 そうしたいわゆるプロの方々の、今までの練習や演奏状況においても

 一般の初心者~上級者の方々の、他の教室や先生によるレッスンに対しても

 何らかの疑問を感じたという、その疑問点は共通しているように私には見え

 それは一言でいえばハツカネズミなのだと思います。

プロも習いに来るヴァイオリンレッスン バイオリン教室

では意味不明なので(笑)詳しく書くと

 『「音程に気を付けて」という台詞の無意味さ ~その2~』や

 『「弦のトホホ」(仮名)というブランドの有名無実ぶり』で書いたように

 学習者は、大量やまとまったエチュードを課されて汲汲とするばかりですし、

 演奏者は、大量や次々現れる演奏すべき曲の譜面に汲汲とするばかりなのです。

その結果

 学習者は弾いてひいて弾き捲らないと、それだけで怠けた気分になり

 学習者は弾いてひいて弾き捲れないと、何かやる気がない気分になり

 学習者は弾いてひいて弾き捲ることで、如何にも練習した気分になるのですが

 そんなことをしていてもそれっぽい演奏技術ならぬ演奏偽術しか身に付かないことに

 気づかない…というより、そうしたことを考える暇が無く

 演奏者も弾いてひいて弾き捲らないと、それだけで怠けた気分になり

 演奏者も弾いてひいて弾き捲れないと、何かやる気がない気分になり

 演奏者も弾いてひいて弾き捲ることで、如何にも練習した気分になるのですが

 そんなことをしていてもそれっぽい曲節演奏ならぬ曲折演奏しか身に付かないことに

 気づかない…というより、そうしたことを考える暇が無く

プロも習いに来るヴァイオリンレッスン バイオリン教室

 それが可笑しなことだとも思わずに

 それで可笑しなことが起きていることにも気づかずに

 只管に、弾いてひいて弾き捲るばかりなのです。

プロも習いに来るヴァイオリンレッスン バイオリン教室

そこで

 弾き捲るのではなく、音程を定める為の、響きの聴き方や音程の取り方を指導し

 弾き捲るのではなく、右手の運弓の際の、腕と手首と指の動作の確認と指導をし

 弾き捲るのではなく、左手の運指の際の、腕と手首と指の動作の確認と指導をし

 弾き捲るのではなく、ポジション移動の、腕と手首と指の動作の確認と指導をし

 弾き捲るのではなく、ビブラートの際の、腕と手首と指の動作の確認と指導をし

 そうすることで、回し車を回し続ける状態とは無縁になります。

プロも習いに来るヴァイオリンレッスン バイオリン教室

さらに

 その方が学ぶべきエチュードで、その目的と、それに伴い練習すべき点を指導し

 その方が演奏する小品や大曲の、その構造と、それに伴い練習すべき点を指導し

 その方が演奏する会場や編成の、その特徴と、それに伴い留意すべき点を指導し

 その方が協演する集団やオケの、その対応と、それに伴い留意すべき点を指導し

 もうここまでくると回し車は遠い過去で、取り組み進むべき道が明確化するとともに

プロも習いに来るヴァイオリンレッスン バイオリン教室

 あらゆる演奏シーンで五里霧中ではなく、その霧から脱することができるのです。

プロも習いに来るヴァイオリンレッスン バイオリン教室

その結果

 弾いてひいて弾きまくり続けていた時間が不要となり

 学習者は、弾き捲るのではなく、欠点克服の練習のために集中して時間が使えるうえ

 それにともなって、さらに一層、欠点を克服するためのレッスンも可能となり

 演奏者も、弾き捲るのではなく、楽曲表現の練習のために集中して時間が使えるうえ

 それにともなって、さらに一層、楽曲を表現するためのレッスンも可能となり

 より一層すばらしいヴァイオリン演奏を実現することが出来ています。

プロも習いに来るヴァイオリンレッスン バイオリン教室

(下掲のボックスでブログ(サイト)内の検索ができます)

 

 

このブログの文章・画像・その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします

 指導