天ぷら と フライ? ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い ~その1~

本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)

(iPhoneなどで端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は

  画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます)

 イワモト ヴァイオリン教室のブログへようこそ。

 イワモト ヴァイオリン教室では
 専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも
 「正しい音程」 (正確な音程)
 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための
 基礎的な演奏技術を大切に指導し
 一音いちおん丁寧に
 各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています。

 ヴァイオリンが本当に上手に弾けるようになりたい方は
 当教室のバイオリンレッスンをぜひ受けてみてください。

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

もしも料理の先生が

 油の温度は温度計で測れても、旨みは評価し難い…だの

 大きな具材で雑味が少なくて、落ち着いて揚げる…だの

 総ての具材が生きた食材として食べ手に届くべき…などと抽象的に語るばかりで

 油での揚げ方の具体的な手順も示さずに「頭の中の食」などと言っているなら

 油での揚げ方を具体的に知らないがゆえに、旨み…と騙っていることは明らかです。

そして

 そうした先生?の指導対象は具体的でも、指導内容は抽象的でそれっぽいだけで

 そうした先生?に油での揚げ方を具体的に尋ねても、巧く言い包められてしまうので

 そうした先生?に対しては例えば試しに

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 


 どう違うのですか?と説明を求め、実際に作り分けてみてもらえばいいのです。

その結果

 その違いがわからないなら、そのような者にまともな調理の指導はできる筈もなく

 その先生?がどのような経歴でも、そんな先生?は嗤われてしまうだけですが

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 そんな料理の先生?が居る筈がありません。

それと同じで

もしもヴァイオリンの先生が

 音程はチューナーで測れても、音色は評価し難い…だの

 大きい音でノイズが少なくて、安定してると良い…だの

 総ての音が生きた響きとして聴き手に届くべきだ…などと抽象的に語るばかりで

 音程の取り方の具体的な手順も示さずに「頭の中の音」などと言っているなら

 音程の取り方を具体的に知らない代わりに、音色…と騙っていることは明らかです。

そして

 そうした先生?の指導対象は具体的でも、指導内容は抽象的でそれっぽいだけで

 そうした先生?に音程の取り方を具体的に尋ねても、巧く言い包められてしまうので

 そうした先生?に対しては例えば試しに

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 


 どう違うのですか?と説明を求め、実際に弾き分けてみてもらえばいいのです。

その結果

 その違いがわからないなら、そのような者にまともな演奏の指導はできる筈もなく

 その先生?がどのような経歴でも、そんな先生?は嗤われてしまうだけですが

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 そんなヴァイオリンの先生?が居る筈がありません。

と思いきや

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 

の違いを


 説明できず作り分けられない料理の先生?など絶対に居る筈がないのに

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 

の違いを


 説明できず弾き分けられないヴァイオリンの先生?はウジャウジャ居るのには

 ただただ呆れる…というよりも驚かされるばかりです。

ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン 音程 取り方 指導

ですから

 はたして自分が習っている先生?は

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 


 作り分けられ、違いを教えられるだろうか?…ではなくて(笑)

 はたして自分が習っている先生?は

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 


 弾き分けられ、違いを教えられるだろうか?…ということについては

 先生がどのような経歴であったとしても、是非とも訊いてみるべきです。

そして

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 


 単に作り分けるだけではなく、その何れもが揚げ物ならではの料理として

 美味しく作れるように教えられるのが、本当の料理の先生であるように

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 


 単に弾き分けるだけではなく、その何れもがヴァイオリンならではの演奏として

 美しく弾けるように教えられるのが、本当のヴァイオリンの先生であることは

 言うまでもありません。

などと書くと

 「自分の先生は当然わかっている(筈?)」だの

 「自分の先生は当然説明できる (筈?)」などと

 むしろ私の記述のほうを嗤う人が居るかもしれません。

けれども

 多くのヴァイオリン教室を比較した後に、私の教室に来た生徒さん方だけでなく

 世に広く一流と認められる音大を卒業した、プロの演奏者達や先生方までもが

 私の指導を受けると

『日本ではある理由からバイオリンの音程の取り方は音楽学校では教えないうえ

 日本から留学した学生の殆どが正しい音程の取り方を学べない事情もあるため

 プロや音大の先生までもがバイオリン本来の音程の取り方については不案内で

 バイオリンの本来の音程の取り方をレッスンする教室はほとんど無く

 重音では差音による音程の聴き方を教える教室は皆無に等しい状況です。』

 http://www1.ttcn.ne.jp/~paga252/violinkyoushitsu.htm

 という私のサイトの記述は本当だったのですね…と、異口同音に驚かれます。

つまり

 ヴァイオリンを習っている人達は、アマチュアのみならずプロに至るまで

 ヴァイオリンの音程の取り方というのは右手の具合や左手の形だとばかり誤解し

 ヴァイオリン本来の音程の取り方そのものを習ったことがないのです。

ですから

 計算のやり方として筆圧や鉛筆の持ち方等を習い、電卓等を使いながら

 計算問題をいくら解いても、計算のやり方は学べず、計算は改善しないように

 音程の取り方として右手の具合や左手の形を習い、チューナーを使いながら

 音階教本をいくら弾いても、音程の取り方は学べず、音程は改善しないことに

 一人でも多くの人が、一日でも早く気づいてくれることを願わずには居られません。

ということで

 料理の先生であれば

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 

について


 両者の違いの説明や作り分けだけでなく、揚げ物ならではの料理として

 それぞれを美味しく調理する方法を教えられるように

 私もヴァイオリンの先生として

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 

バイオリン レッスン ヴァイオリン 教室 ヴァイオリンの重音での音程の取り方の違い

 

 

 

 

について


 両者の違いの説明や弾き分けだけでなく、ヴァイオリンならではの演奏として

 それぞれを美しく奏でる方法を、以下に書きたいと思います。

(なお

 このブログはブログの目次のページにも記したように

 レッスンを申し込まれる判断材料として

 レッスン方針・レッスン形態のページなどとも併せてご覧いただくために

 書いているものですので

 この記事の範囲ではどなたにもご覧いただけるようにしましたが

 この記事の続きの閲覧のためにはパスワードが必要になります)

[この続きをご覧いただくには、パスワードが必要になります]

(パスワードはレッスンの際にお尋ねください)


(下掲のボックスでブログ(サイト)内の検索ができます)

 

 

このブログの文章・画像・その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします

 指導